ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 園芸農産課 > 収穫の最盛期を迎える「ちんげんさい」をPR~ あいち中央農協管内の生産者が知事へ思いを伝えます ~

収穫の最盛期を迎える「ちんげんさい」をPR~ あいち中央農協管内の生産者が知事へ思いを伝えます ~

あいち中央農協チンゲン菜部会
 

収穫の最盛期を迎える「ちんげんさい」をPR~あいち中央農協管内の生産者が知事へ思いを伝えます~

 愛知県は、「ちんげんさい」の収穫量が全国3位、産出額が全国4位です(2018年産)。県内の主な産地はあいち中央農業協同組合管内の安城市です。安城市の「ちんげんさい」はビニールハウス内で栽培され、1年中出荷されており、春と秋に収穫の最盛期を迎えます。

 今回は「ちんげんさい」をより多くの方々に食べていただくため、生産者が知事を訪問し、思いを伝えるとともに、民間と協力して開発した「ちんげんさい」を使った様々な料理を知事に味わっていただき、「ちんげんさい」の魅力をPRします。

ビニールハウス内の様子

 

1 日時

2020年11月26日(木曜日)午後0時45分から午後1時05分まで

2 場所

愛知県公館

3 訪問者(敬称略)  

  ■生産者

   あいち中央農業協同組合チンゲン菜部会 部会長  大橋 正樹(おおはし まさき)

  ■関係団体

   あいち中央農業協同組合       経済担当常務  鈴木 重幸(すずき しげゆき)

   株式会社Mizkan(ミツカン)        名古屋支店長  横山 光之(よこやま みつゆき)

4 内 容

 「ちんげんさい」の生産者代表が知事を訪問し、栽培の特徴やこだわりについての思いを伝え、「ちんげんさい」を贈呈します。

 また、株式会社Mizkan(ミツカン)と協力して開発した「スムージー」、「かんたん酢の物」、「ちんげんさいの鍋物」を知事に味わっていただき、おいしさをアピールします。 

 スムージー

参考資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)