ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 採用情報 > 職員採用情報(任期付職員・非常勤職員等) > 東三河福祉相談センターの臨時的任用職員(社会福祉)を募集します。

東三河福祉相談センターの臨時的任用職員(社会福祉)を募集します。

東三河福祉相談センターの臨時的任用職員(社会福祉)を募集します。

《受付期間》
随時
※応募前に福祉総務課人事グループまでお電話ください。

《面接試験》
随時 
※詳細は応募いただいた後にご連絡します。

《採用予定日》
令和2年7月1日(水曜日)
※場合によっては、6月中の採用の可能性があります。

1 採用予定人員

1名

2 応募の区分及び条件

(1)区分
社会福祉

(2)条件
次のいずれかに該当する人
ア 学校教育法による大学において、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した人
イ 児童福祉法第13条第3項各号の児童福祉司の任用資格を有する人
ウ 社会福祉法第19条第1項各号に該当する社会福祉主事の任用資格を取得している人

3 募集内容

(1)勤務場所
東三河福祉相談センター(豊橋市八町通5-4)
豊橋鉄道市内線「東八町」から徒歩5分

(2)雇用予定期間
令和2年7月1日から令和2年12月31日
(令和3年3月31日まで更新の可能性有)

※臨時的任用職員の当初の雇用期間は6か月ですが、勤務成績が良好であると認められた場合は、令和3年3月31日まで更新される予定です。
※場合によっては、6月中の採用の可能性があります。

(3)主な業務内容
児童相談所における子どもに関する相談、保護者への援助等

4 応募の資格等

(1)上記2の応募条件を満たしている人

(2)パソコン(ワード、エクセル等)の基本操作ができる人

なお、次に該当する人は応募できません。
ア 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
イ 愛知県において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
ウ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

5 雇用条件

(1)勤務時間
月曜日から金曜日までの週5日勤務
午前8時45分から午後5時30分まで(1時間の休憩時間を含む)
1日7時間45分勤務(時間外勤務あり)

(2)休日・休暇
土曜日、日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
なお、他に年次有給休暇等が取得できます。(職員の服務に準ずる。)

(3)給与等
給与(給料及び地域手当)は令和2年4月1日現在で算定すると、4大学卒業者の場合、約200,000円となります。
なお、学校卒業後に職歴などがある場合は、一定の方法により加算(上限基準あり)されることがあります。
また、扶養手当、住居手当、通勤手当、期末・勤勉手当、社会福祉業務手当(児童福祉司業務に従事する場合に支給。月額11,400円)等の諸手当がそれぞれ条件に応じて支給されます。

(4)加入保険等
公務災害補償及び地方職員共済組合の組合員となります。

6 申込・試験・採用の手続き

※随時募集しているため、予告なく募集を締め切る可能性があります。
 応募前に必ず福祉総務課人事グループ(052-954-6259)までお電話ください
 

(1)申込必要書類
市販の履歴書(A3サイズ)に必要事項を記載してください。
(ア)履歴書左上部に募集区分(社会福祉)及び希望勤務地(東三河)を朱書きしてください。     
(イ)応募条件(上記2参照)に係る経歴・資格等は必ず記載してください。また、応募条件ウに該当する場合は、該当する取得科目を履歴書に記載してください。
(ウ)写真を必ず貼ってください。(写真のないものは受付できません。)

(2)申込方法
上記の履歴書を「臨時的任用職員申込書在中」と朱書きした封筒に入れ、下記あてに郵送してください。封筒の裏面には住所、氏名を明記してください。
なお、提出された申込書は返却しません。

<申込先>
郵便番号 460-8501(住所記入不要)
愛知県福祉局福祉部福祉総務課 人事グループ

7 試験の日程等

(1)日時
電話にてご連絡いたします。

(2)場所
愛知県庁(名古屋市中区三の丸3-1-2)
※詳細は電話にてご連絡いたします。

(3)内容
面接試験

8 合格発表日及び発表方法

(1)発表日
面接後、1週間以内

(2)発表方法
郵送

※受験者全員に合否結果を郵送します。
※合否について、電話による照会には応じません。

9 採用

健康診断を経て、その結果に基づき採用者を決定します。

10 その他

(1)試験に関し、記載した書類や口述した内容に虚偽や不正があることが判明した場合は、合格を取り消します。

(2)日本国籍を有しない人も応募できますが、就職が制限される在留資格の場合には採用されません。