ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 下水道課 > 豊川流域下水道

豊川流域下水道

 豊川流域下水道は、境川流域下水道につづく県下2番目の流域下水道として、豊川市始め4市4町を対象として、昭和47年9月に都市計画決定されました。(平成18年2月に豊川市と一宮町が合併し豊川市に、平成20年1月に豊川市、音羽町、御津町が合併し豊川市に、平成22年2月に豊川市と小坂井町が合併し豊川市になったため、現在は4市を対象としています。)
 当流域下水道は、昭和47年度に事業着手、昭和55年12月に県下で初めての流域下水道として供用開始し、現在、4市の汚水を処理しています。
豊川浄化センター管理本館

豊川浄化センター管理本館

豊川流域下水道の概要
供用開始昭和55年12月1日
浄化センターの所在地豊橋市新西浜町1番3
処理水の放流先渥美湾
構成市町豊橋市、豊川市、蒲郡市、新城市
水処理方法(事業計画)凝集剤添加硝化脱窒法
計画諸元基本計画下水道法事業計画平成29年4月1日現在
処理区域面積(ヘクタール)6,8975,1744,728
処理区域内人口(人)248,190210,808209,715
処理能力(立方メートル/日)171,000133,500100,000
豊川流域下水道の下水道普及率71.1%

問合せ

愛知県 建設部 下水道課

E-mail: gesuido@pref.aichi.lg.jp