ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 社会基盤・交通 > 港湾・河川・砂防 > 衣浦西部流域下水道事業 広域汚泥処理に関するアンケート

衣浦西部流域下水道事業 広域汚泥処理に関するアンケート

衣浦西部流域下水道事業 広域汚泥処理に関するアンケートを実施します。

アンケートの募集は終了しました。

1. はじめに

愛知県知多建設事務所管内における下水道事業は、愛知県の所管する境川流域下水道及び衣浦西部流域下水道をはじめとして、常滑市、東海市及び知多市において、単独公共下水道で整備を行っております。

今後も、関連市町の下水道整備を効率的・効果的に推進し、市町の整備状況を踏まえて処理場の増設並びに改築更新を行い、更なる公衆衛生の向上、公共用水域の水質保全に資するものです。

一方、各処理場から発生する下水汚泥は、下水道の普及により徐々に増加している状況下の中、それぞれの処理場にて埋立処分や民間委託を行っており、汚泥処理処分の負担は今後も大きくなることが予想されます。

 

2. 広域汚泥処理検討の目的

現在、衣浦西部流域下水道と、常滑市、東海市及び知多市の3処理場から発生する脱水ケーキを、広域的に処理を行う方法について検討を行っております。

広域的処理(以下広域汚泥処理)のメリットとして、コストの軽減、汚泥の有効利用、発生するエネルギーの利活用を想定しており、これらを視野に入れた処理方式の選定を考えています。

 

3. 現状の課題

それぞれの処理場から発生する脱水ケーキは、衣浦西部浄化センターにおいて最終処理を行うこととなります。衣浦西部浄化センターでは、2基の焼却炉が整備されておりますが、1号炉が25t/日、2号炉が50t/日の処理能力であり、3市の汚泥を受け入れた場合、能力が不足することが予測されます。

加えて、1号炉は平成8年4月より供用開始しており、今後の選択肢として、廃止、更新、延命化等の判断が必要です。

 

4. アンケートの目的

本アンケートは、衣浦西部浄化センターで3市の汚泥を脱水ケーキとして受け入れた後、汚泥の最終処分までの処理工程について、広域汚泥処理の目的、現状の課題を踏まえた上で、処理する汚泥量や地域の特性を考慮した多様な処理方法についての可能性を検討(模索)することを目的とし、下水道汚泥の減量化、資源・エネルギー化に関する技術・経験を有する企業等から具体的な提案を募るものです。

 

5. アンケートの内容

アンケートで回答頂きたい項目は以下のとおりです。アンケート調査票はこのページの下方にありますのでダウンロードしてご利用ください。なお、電子メールで回答される場合は、添付する図面・パンフレット等は、出来る限り容量の軽い容量で送信していただくようお願いします。

1 具体的な処理方法

2 汚泥の利活用及び搬出先

3 技術者の技能・資格

4 汚泥性状の条件

5 既設焼却炉の位置付け

6 PPP/PFIの導入

7 付帯的な事業

8 その他

 

6. 各種諸元について

回答にあたり、必要な各種諸元は別添の参考資料をご参照ください。

 

7. 回答方法

回答の作成に際し、愛知県では費用負担を致しかねますので、ご協力頂ける範囲で記入の上、E-Mailまたは郵送でご提出ください。お手数ですが、ご提出いただいた場合は、確認のため電話でご連絡をお願いします。

なお、メール添付の最大ファイルサイズは2.5MBですので、送信する容量にはご注意をお願いします。

 

8. 回答期限

誠に勝手ながら、平成27年1月9日(金)17時までにご回答くださいますようお願いします。

 

9. ご提出、問合せについて

回答のご提出、内容についてご不明な点の問合せは、このページの最後に記載する担当までお願いします。

10.     回答の取扱い・留意事項等

 頂いた回答については、以下のとおり取り扱わせて頂きます。

・今後の事業展開の参考とするため、貴社が対応できる範囲でご教示頂くものであり、個別提案に基づく事業の実施を前提としたものではありません。

・愛知県が、具体的な企業のノウハウに関すると判断する部分については、外部に漏れることのないよう十分配慮しています。特に配慮が必要な部分がございましたら、申し出てください。

以上、ご理解頂き、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

衣浦西部流域下水道事業 広域汚泥処理に関するアンケート・調査票及び添付資料

問合せ

愛知県 建設部 下水道課
計画調整グループ 鈴木 太田 浅井
電話番号 460-8501(住所記載不要です。)
住所 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
電話 052-954-6533(ダイヤルイン)
E-mail: gesuido@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)