ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局 > 【中止】「東三河の特性を活かした関係人口創出・拡大シンポジウム」の参加者を募集します

【中止】「東三河の特性を活かした関係人口創出・拡大シンポジウム」の参加者を募集します


2020年3月17日(火曜日)追記

新型コルナウイルスの感染防止のため、中止します。


2020年2月25日(火曜日) 発表

豊橋市政記者会 同時

「東三河の特性を活かした関係人口創出・拡大シンポジウム」の参加者を募集します

 

  関係人口とは、総務省によれば「移住した定住人口でもなく、観光に来た交流人口でもない、地域と多様に関わる人々のことを指す言葉」としています。

  国の第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略(2019年12月策定)」において、「関係人口の創出・拡大」が新たな視点として提言されました。愛知県では、第2期「総合戦略」や、東三河ビジョン協議会(東三河地域の振興施策について、地元の市町村・民間組織等と東三河県庁が協議を行う常設の場)の2019年度主要プロジェクト推進プラン「地域連携による地方創生事業のさらなる推進」においても、地域特性を活かした「関係人口の創出・拡大」を重点的な取組と位置付けています。

  そこで、東三河県庁では、広く地域の皆様を対象に、「東三河地域における関係人口」について知見を深めていただき、今後の取組に活かしてもらうためのシンポジウムを開催します。つきましては、下記のとおりシンポジウムの参加者を募集します。

1 実施日

  2020年3月24日火曜日  午後3時30から午6時30まで

2 会 場

  豊橋市民センター(カリオンビル)6階 多目的ホール
   【所在地:豊橋市松葉町二丁目63番地 TEL:0532-56-5141】

3 プログラム

 

 
内容

●第1部 基調講演 なぜ、いま「関係人口」なのか?

             田中輝美(たなかてるみ)氏 (ローカルジャーナリスト)

●第2部 パネルディスカッション

        東三河の特性を活かした関係人口の創出・拡大について

  パネリスト     :安彦誠一(あひこせいいち)氏 (一般社団法人奥三河観光協議会 事務局長)

              :戸田由信(とだよしのぶ)氏 (特定非営利活動法人奥三河田舎暮らし隊 理事長)

              :種田憲人(おいだのりひと)氏 (株式会社タスキ 代表取締役 CEO)

              :小川 史 (おがわ ふみと)氏 (たはら暮らし定住・移住サポーター(DIEZ cafe代表))

              :田中茂雄 (たなかしげお)氏 (あいちUIJターン支援センター品川センター責任者)

  アドバイザー     :田中輝美 氏 (ローカルジャーナリスト)

  コーディネーター:戸田敏行(とだとしゆき)氏 (愛知大学地域政策学部教授)

4 対象者

  主に東三河地域に関わりのある方

5 定員

  80名(希望者多数の場合は抽選)

6 参加費

  無料

7 申込期限 

  2020年3月18日水曜日

8 申込方法

  募集チラシの参加申込書に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。

  募集チラシ・参加申込書は、下記WEBページからダウンロードできます。

   http://www.hrrc.jp/pdf/event_2019/2019_kankeijinkou.pdf

9 問合せ・申込み先

  公益社団法人東三河地域研究センター(TEL:0532-21-6647) 

  【申込み】  

    FAX:0532-57-3780 E-mail:webmaster@hrrc.jp

このページに関する問合せ先

愛知県 東三河総局
企画調整部企画調整課
企画グループ 金田・海老原
ダイヤルイン 0532-35-6100
E-mail: higashimikawa@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)