ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 東三河総局 > 愛知大学(豊橋校舎)の学生のアイデアを活用して東三河の地元事業者が和菓子をリニューアルします!

愛知大学(豊橋校舎)の学生のアイデアを活用して東三河の地元事業者が和菓子をリニューアルします!

愛知大学(豊橋校舎)の学生のアイデアを活用して東三河の地元事業者が和菓子をリニューアルします!

愛知大学(豊橋校舎)の学生のアイデアを活用して東三河の地元事業者が和菓子をリニューアルします!

 東三河県庁では、地元事業者と学生等が協力して行う商品開発などの支援に取り組んでいます。(2020年8月28日 記者発表済み)

 この事業では、学生等のアイデアを活用したいと考える地元事業者と若い発想力を持つ学生をマッチングさせ、両者が協力して商品開発等を行い、地域産業の振興を図ります。

 この度、創業江戸の御菓子司(おかしつかさ)(和菓子屋)である有限会社若松園(豊橋市)と愛知大学(豊橋校舎)が協力して和菓子のリニューアルに取り組むこととしましたので、お知らせします。

1 商品開発の概要

(1)参加者

 ア 学校

  愛知大学(豊橋校舎) 1~4年生 19名

 イ  地元事業者

  有限会社若松園(和菓子の製造・販売)
  所在地:愛知県豊橋市札木町87番地
  電話:0532‐52‐4641

(2)取組内容
  有限会社若松園の和菓子「おいしい 防災おこし」を、 更に訴求力のある商品にするため、 愛知大学(豊橋校舎)の学生のアイデアを活用して商品をリニューアルします。

 

(3)スケジュール(予定)

 ・2020年7月から:オンラインでリニューアル案について検討

 ・2020年11月12日(木):検討会(リニューアル案の検討)

 ・2021年2月:試験販売会

 ※ 試験販売会については、開催が決定した後、お知らせします。

(4)リニューアル商品について

 ・「おいしい 防災おこし」について

  2019年12月から販売されており、水に溶かせば離乳食にもなり、食物アレルギー特定原材料等27品目不使用で、からだにやさしいおやつです。
  長期保存が可能で、普段のおやつとしても食べながら買い足していくことで、無理なく災害に備えることができるようにと作られました。

おいしい防災おこし

(5)検討会の開催概要

 ・日   時:2020年11月12日(木曜日)午後1時30分から午後3時30分まで

 ・場  所:豊橋市南部窓口センター ガクラボ

        愛知県豊橋市富本町国隠67

 ・内  容:和菓子「おいしい 防災おこし」のリニューアル案について学生から有限会社若松園へ提案します。
      ※ 2020年7月から「おいしい 防災おこし」のリニューアルについてオンラインで学生と検討してきました。   

 ・参加者:有限会社若松園 専務 山田 泉(いずみ)氏 
       :愛知大学 (豊橋校舎)1~4年生 19名(予定)

 ・取材について
  取材を希望する場合は取材案内をお知らせしますので、「2問合せ先」へ11月10日(火)までにお問合せください。

2 問合せ先

愛知県東三河総局 企画調整部 産業労働課
〒440ー8515 豊橋市八町通5丁目4
電話 0532-35-6116
FAX 0532-54-7239

<参考> 

「学生×地元事業者」マッチング事業の概要

(1)取組内容

 学生等のアイデアを活用したいと考える地元事業者と若い発想力を持つ学生とをマッチングさせ、地元事業者の新商品開発や販売促進を支援します。

(2)取組のねらい

 東三河地域において、学生等のアイデアを活用した商品開発等の成功事例を生み出すことで地域産業の振興を図るとともに、産業人材の育成につなげます。

(3)2020年度マッチング件数

 3件

マッチング内容
 企業名学校名備考
1株式会社ボンとらや(豊橋市)愛知県立豊橋商業高等学校2020年8月28日記者発表済み
2有限会社若松園(豊橋市)愛知大学(豊橋校舎)今回記者発表
3つぐや(設楽町)愛知県立田口高等学校調整中

(4)取組期間

 2020年7月から2021年3月まで