ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 広報・広聴・情報公開 > 広報・広聴 > 平成27年度防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業を実施しました

平成27年度防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業を実施しました

平成27年度愛知県における防災を中心とした実践的安全教育総合支援事業について

 文部科学省の委託を受け、愛知県では弥富市が防災モデル地域として、また、常滑市及び豊橋市が交通安全モデル地域として市内の安全教育推進の取組を実施しました。

 また、県立特別支援学校6校に緊急地震速報受信システムを設置し、緊急地震速報を活用した避難訓練を実施しました。

0 防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業(文部科学省委託)とは

学校における防災教育を中心とした安全教育・安全管理等の取組を支援するため、次の事業を実施します。
また、各事業の実施を通じて、地域の防災関係機関等との連携体制の構築・強化を促します。

(1)防災に関すること
 ・各種情報ツールや防災に関する科学技術を活用した防災教育・訓練手法等の開発
    緊急地震速報等の防災に関する科学技術等を活用した避難行動に係る指導方法など、児童生徒等が自
  然災害等の危険に際して自らの命を守り抜くため「主体的に行動する態度」を育成する教育手法の開発・普
  及を行います。
 ・普及・災害ボランティア体験活動の推進・支援
   児童生徒等が「支援者としての視点」から、災害ボランティア体験活動等を行うことを通じて、安全で安心な
  社会づくりに貢献する意識を高める教育手法の開発・普及等を行います。
 ・学校防災アドバイザーの派遣・活用
    外部の専門家を学校防災アドバイザーとして学校に派遣し、「危険等発生時対処要領」や避難訓練などに
    対するチェック・助言及び、学校と地域の防災関係機関等との連携体制の構築に関する指導・助言等を行う
    ことにより、児童生徒等の安全確保に向けた体制の改善を図ります。
(2)交通安全に関すること
 ・交通安全を確保するための体制の構築と合同点検の実施
      関係機関、学識経験者等と協力し通学路の交通安全に係る状況の把握、対策等を検討し、特に対策が必
    要な通学路に対し、専門家を通学路安全対策アドバイザーとして派遣し効果的な合同点検を実施します。
  ・交通安全の意識や技能を高めるための教育手法等の開発・普及
       通学路安全対策アドバイザーや関係機関等と協力し、児童生徒等が様々な交通場面における危険につい
    て理解し、安全な歩行、自転車・二輪車等の利用ができるようにする教育手法や、安全で安心な交通社会づ
     くりに貢献する意識を高める教育手法の開発・普及等を行います。
(3)防犯を含む生活上の安全に関すること
 ・登下校時を含めた日常的な学校の安全を確保するシステムの構築
     防犯カメラ等の防犯に関する科学技術等を活用した登下校時の安全確保に係るシステムの構築・普及や
   外部の専門家を事故防止アドバイザーとして学校に派遣し、日常的な事故の防止対策などに対するチェック・
    助言を行わせるなど、登下校時を含めた日常的な学校の安全を確保するシステムの構築を行います。
 ・防犯や日常生活における事故を防ぐ能力を高めるための教育手法等の開発・普及
    児童生徒等が日常生活で起きる事件・事故の内容や発生原因、結果と安全確保の方法について理解し、
     安全に行動ができるようにする教育手法や、安全で安心な社会づくりに貢献する意識を高める教育手法の
     開発・普及等を行います。

1 弥富市の取組

(1) 取組の概要

  • モデル地区内にある保育所・小学校・中学校・高等学校が、それぞれに工夫しながら、互いに連携して防災教育及び避難訓練を展開しました。
  • 弥富市立十四山中学校に避難所を開設するという想定で、災害ボランティアの疑似体験として、避難行動訓練を実施した。幼児児童生徒のほか、警察・消防、女性の会や区長会等の地域住民など14団体・約250名が参加しました。この訓練では、特に中学生が炊き出し、救護、給水等の中核を担い、自分たちにできる地域貢献の在り方を体験的に学び取る機会となりました。

※名古屋大学減災連携研究センター 特任准教授 阪本真由美様 同センター 防災教育アドバイザー 近藤ひろ子様 にアドバイザーを依頼しました。

(2)取組の成果

  • 情報通信訓練は初めての取組でありましたが、防災無線を使用して行う児童・所児の避難誘導は、実際に災害が発生した際のシミュレーションとなり、今後の防災・減災に取り組んでいく際の指標となりました。
  • 各校及び保育所において工夫した防災教育・避難訓練が展開され、児童生徒等の防災意識を高めることができました。
  • 避難所体験は、本取組の中心的なものでありますが、モデル地区の諸団体や住民も巻き込んでの訓練となり、広域防災の重要性を再認識することができました。また、中学生が活動の中核を担い、「支える」立場としての自覚を高めることにつなげられました。

(3)今後の課題

  • 児童生徒との実態を考慮した指導目標を設定し、海抜0メートル地帯という地域性にあった学習教材の開発に努めます。
  • 今回訓練を実施しなかった他の中学校区で避難行動訓練(避難所体験)をどのように実施するかを検討します。

2 常滑市の取組

(1)取組の概要

  • 児童が様々な交通場面における危険を理解し、安全な歩行や自転車の利用ができることをねらいとし、モデル校においてシミュレータを活用した交通安全教室を実施しました。
  • 授業は、担任と講師のTT(チームティーチング)で行い、指導のポイントとなる場面については、画像を載せたプリントを利用して児童相互に安全な通行の仕方を考えさせるよう工夫しました。

※大同大学 教授 嶋田喜昭様 中京大学 教授 向井希宏様 同大学大学院 菅野甲明様 にアドバイザーを依頼しました。

(2)取組の成果

  • アドバイザーの専門的識見による助言等から、適切な安全対策を講じることができました。また、対策案でまとまった箇所について、道路管理者が施工することができました。
  • 自転車シミュレーターを活用した授業を通じて、道路に潜む危険や安全通行するために留意すべき事柄について児童が真剣に考えることができました。また、実際の生活道路に視点を当てたことで、交通安全意識の高揚や実践的な態度も養うことにもつなげられました。

(3)今後の課題

  • 通学路の環境改善に係る予算措置を再検討するとともに、他の小学校区の安全対策を推進します。
  • 学年の発達段階等を考慮し、系統的な交通安全教育の計画づくりを進めていく必要があります。

3 豊橋市の取組

(1)取組の概要

  • 昨年度編集した教師用指導書「安全教育の手引き」を活用した取組を各校から集約し、実践事例集を作成しました。
  • 危険予知トレーニングや自転車の安全な乗り方とを題材としてモデル校で授業を行い、活用効果について検証しました。

※豊橋科学技術大学 助教 松尾幸二郎様にアドバイザーを依頼しました。

(2)取組の成果

  • 対策困難箇所について、警察、県市道路管理者、市教育委員会が現地に出向いて合同点検を実施する中で連携をとった横断的な安全対策を講じることができました。
  • 実施の活動事例を盛り込んだ「安全教育の手引き(改訂版)」を作成し、市内の全小中学校に学級数配付しました。併せて説明会を開催し、アドバイザーから具体的な活用方法についての助言も得られました。

(3)今後の課題

  • 学校からの要望件数が多く、すべて合同点検を実施することができないため、必要箇所の抽出方法を検討します。
  • 試行的に作成を進めてきた通学路図面の実用化を進めます。

4 県立特別支援学校の取組

(1)取組の概要

  • 災害時に自ら適切な避難行動をとることが困難な児童生徒が在籍する県立特別支援学校のうち、モデル校を6校設定しました。
  • モデル校6校に緊急地震速報の配信システムを設置し、校内放送に連動させることにより、児童生徒の緊急避難を効果的に行いました。
  • 緊急放送を活用した避難訓練を実施し、有識者をアドバイザーとして派遣して、避難訓練について意見交換を行いました。
  • 緊急放送を活用したより効果的な避難方法の確立と児童生徒が自分の判断で主体的に避難行動に移れるような環境づくりを研究しました。

※名古屋大学減災連携研究センター 防災教育アドバイザー 近藤ひろ子様、名古屋地方気象台 防災管理官 新出祥文様 にアドバイザーを依頼しました。

平成27年度県立特別支援学校モデル校と避難訓練実施日
番号学校名実施日
 1 三好特別支援学校 平成27年10月9日
 2 半田特別支援学校 平成27年10月13日
 3 豊川特別支援学校 平成27年11月4日
 4 春日台特別支援学校 平成27年11月11日
 5 一宮東特別支援学校 平成27年12月3日
 6 安城特別支援学校 平成27年12月14日

 

 

シェイクアウト訓練   避難  
     シェイクアウト訓練               避難誘導               

(2)取組の成果

   実施校からの意見です。
  • 事前学習により、児童生徒は驚くことが少なく、落ち着いてシェイクアウト訓練、避難訓練を行うことができました。
  • 児童生徒が緊急地震速報について知ることができました。
  • 事後指導を行うことで、さらに初期動作について理解を深め、危機意識を高めることができました。
  • アドバイザーより的確な指導助言を受けることができました。
  • 第2次避難まで実施したのは初めてでしたが、児童生徒は落ち着いて避難をすることができました。
事後指導   意見交換会
         事後指導                  意見交換会     

(3)今後の課題

   実施校から、今後に必要な事柄を挙げてもらいました。
  • 避難経路を複数用意する必要性
  • 教員の護身も必要
  • ロッカー等の家具固定の状況の確認
  • 管理職不在時の校内体制の整備
  • 防災マニュアルの見直しと整備を図り、全職員に周知・徹底
  • 放送が聞こえにくい箇所があるため、放送が聞こえないときの伝達経路の整備
  • 近隣住民が避難してきた際の対応方法の整備
  • 登下校中、交通網や情報網が遮断された際の対応方法の整備
  • 避難場所や避難経路の見直し
  • 在宅中に被災した場合の安否確認方法の確立
  • 防災備品の整備
  • 長期帰宅困難時の対応方法の整備
  • 様々な状況を想定した訓練の必要性

5 成果発表会

平成28年2月5日(金曜日)ウィルあいち(愛知県女性総合センター:名古屋市東区)ウィルホールにて成果発表会を開催いたしました。
●「学校安全の現状と課題」として、文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課 安全教育調査官 吉門直子様から、御講演いただきました。「学校安全の考え方と内容」・「学校安全計画の策定と実施」・「今後の安全教育の推進」について、実例を解説いただきながらの大変分かりやすい講義でした。
kouenn
●各市の取組成果を発表しました。
yatomisi   toyohasisi   tokonamesi
          弥富市                    豊橋市                   常滑市

問合せ

愛知県教育委員会事務局保健体育スポーツ課健康学習室安全グループ
担当:加藤・岡本・湯浅・伊藤
ダイヤルイン:052-954-6829
内線:3925・3926
E-mail: kenkogakushu@pref.aichi.lg.jp