ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県政情報 > 広報・広聴・情報公開 > 広報・広聴 > 平成29年度防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業を実施しました

平成29年度防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業を実施しました

平成29年度愛知県における防災を中心とした実践的安全教育総合支援事業について

 文部科学省の委託を受け、愛知県では県立吉良高等学校、県立豊田高等特別支援学校、県立豊橋特別支援学校が防災モデル校として、また、常滑市が交通安全モデル地域として安全教育推進の取組を実施しました。 

  防災教育を中心とした実践的安全教育総合支援事業(文部科学省委託)とは

 学校における防災教育を中心とした安全教育・安全管理等の取組を支援するため、次の事業を実施します。また、各事業の実施を通じて、地域の防災関係機関等との連携体制の構築・強化を図ります。

1 安全教育手法の開発・普及

 児童生徒等が自然災害等の危険に際して、主体性を持って自らの命を守り抜くために行動するという「主体的に行動する態度」を育成したり、日常生活で起こる事件・事故の内容や発生原因、結果と安全確保の方法について理解し、安全に行動できるようにしたりするなど、危険予測・回避の能力を身に付けさせるための安全教育手法の開発・普及を行う。

   (1) 防災に関すること

  地域の災害リスク(地震・津波・原子力・火山・土砂災害等)や地域の課題を踏まえて行うものとし、次の取組を参考に事業を実施する。

・ 地域の防災マップ作りやe-ラーニング等を活用し、児童生徒等自身が防災の観点から、自分や地域の安全について具体的に考える取組

・ 緊急地震速報受信システムを活用した避難訓練等を実施することで、地震発生時に児童生徒等に危険を回避する能力を身に付けさせることができる取組

・ 情報通信技術(ICT)を活用した遠隔交流による合同防災授業を行うなどの先進的な取組

  (2) 交通安全に関すること

  次の取組を参考に事業を実施する。

・ 交通安全マップ作りや交通安全シミュレーター等を活用することで、児童生徒等が様々な交通場面における危険について理解し、主体性を持って安全な歩行や自転車・二輪車等の利用ができるようにしたり、安全で安心な交通社会づくりに貢献する意識を高めたりすることができる取組

  (3) 防犯を含む生活上の安全に関すること…略

2 学校の安全管理体制の構築・強化

 登下校時や学校生活上における児童生徒等の安全を確保し、事件・事故災害時に被害を最小限に抑えるために、学校の安全管理体制の構築・強化を図る取組を行う。

(1) 交通安全を確保するための体制の構築と通学路交通安全プログラムに基づく合同点検等の実施

・ 道路管理者や警察などの関係機関、外部の専門家等と協力し、通学路の交通安全に係る状況を把握し、広域的な対策等を検討する。そのうち特に対策が必要な市町村に対し、外部の専門家等をアドバイザーとして学校に派遣し、通学路の合同点検に対する指導・助言を行うなど、効果的な合同点検を実施する。

(2) 登下校時を含めた日常的な学校の安全を確保する体制の整備…略

3 被災地支援を通した体験型防災教育の推進…略

1 愛知県立吉良高等学校の取組

(1)取組の概要

  • 生徒(希望者)が防災委員として、防災の専門家からなる実践委員会に参加し、委員からの助言を得て、1年間防災に関する取組を行いました。
  • 名古屋大学減災連携研究センター訪問、全校生徒対象の防災クイズ実施、文化祭における防災展示発表、 3校合同避難訓練の実施、生徒防災委員による津波避難訓練計画の作成を行いました。

※名古屋大学 教授 福和伸夫様、 名古屋大学 教授 窪田由紀様にアドバイザーを依頼しました。

(2)取組の成果

  • アンケート結果から、生徒防災委員は、取組を通して地震、津波、液状化等学校周辺で予想される災害への知識が身に付いたと考えられます。
  • 西尾市危機管理課及び地域、関係機関相互の協働体制を構築することができました。
  • 平成30年度津波避難訓練計画(案)を作成しました。

(3)今後の活動

  • 生徒防災委員会を常設し、その活動内容の検討や防災マップの展示等を通して、全校生徒の防災・減災に関する意識の向上を図ります。
  • 学校周辺が液状化することも想定し、今後は垂直避難についても実施を検討していきます。
吉良高校の取組
実践委員会(左上)3校合同避難訓練(左下、中上、中下)文化祭展示(右上)名古屋大学減災館(右下)

2 愛知県立豊田高等特別支援学校の取組

(1)取組の概要

  • 避難訓練を年間8回、災害や被害の想定を変えて実施し、調査用紙及び評価シートを用いて生徒の安全意識の向上、知識の獲得及び避難行動の変化等について比較検証を行いました。
  • 第2学年生徒を対象に1泊2日の防災キャンプを実施しました。名古屋市港防災センターで防災学習を行い、その後学校に戻り、間仕切り用段ボールを使用して一泊避難所体験を行いました。                              

※JICA防災教育担当専門家 近藤ひろ子様 にアドバイザーを依頼しました。

 

(2)取組の成果

  • アンケート結果から、「災害に備えての対策」「安否確認方法」等の安全意識が向上しました。また、「南海トラフ地震」「避難場所の確認」等の知識の獲得についても向上しました。
  • 生徒の活動を通して、保護者の防災意識にも向上が見られました。
  • 市教委、市防災担当部局及び地域、関係機関相互の協働体制を構築することができました。

(3)今後の活動

  • 段階的に安全への意識が向上し、知識の獲得に系統性がもてるように各学年で行う行事を検討します。(例:1年-避難所体験ゲーム、2年-防災キャンプ、3年-施設見学等)
  • 避難訓練の反省を生かして、防災マニュアルの見直し及び避難訓練の内容を検討します。
豊田高等特別支援学校の取組
名古屋市港防災センター 地震訓練(左上)体験学習「非常持ち出し袋」(中上)移動避難訓練(校外への移動)(右上)
「HUG」(左下)体験学習「避難所体験」(中下)移動避難訓練(移動先での昼食)(右下)

 3 愛知県立豊橋特別支援学校の取組

(1)取組の概要

  • 肢体不自由特別支援学校に在籍する児童生徒が的確に避難できるよう、ブラインド式の避難訓練、シェイクアウト訓練を複数回実施しました。
  • 防災の日を設定し、児童生徒の実態や能力を考慮して6グループに分けて、避難所体験、防災ゲーム等を実施しました。
  • 震災復興支援事業「福島ひまわり里親プロジェクト」に参加しました。

※豊橋技術科学大学 穂刈耕介様 にアドバイザーを依頼しました。

(2)取組の成果

  • 避難訓練を繰り返したことにことにより、地震発生時に防災ずきんやヘルメットで頭部を守る、火災発生時にハンカチで口を覆う等、児童生徒が災害発生時の初期行動が適切にとれることや、教職員の判断力や意識が高まったという結果が得られました。
  • 全児童生徒の7割が家庭で防災について話し合う機会をもつことができました。

(3)今後の活動

  • プール指導やトイレ介助等、様々な場面において適切なシェイクアウト行動がとれるよう、対応を考え周知していきます。
  • 地震避難訓練で使用した伝令カードについては、職員がより適切に動くことができるよう改善します。
豊橋特別支援学校の取組
シェイクアウト訓練(左上)非常食喫食体験(中上)簡易トイレ使用体験(右上)
シェイクアウト訓練(左下)豊橋支援防災の日の様子(中下)防災発表会(右下)

 4 常滑市の取組

(1)取組の概要

  • 様々な交通場面において児童自らが主体的に安全を確保できることをねらいとし、モデル校においてDVD資料、歩行環境シミュレータを活用した交通安全教室を実施しました。
  • 常滑中学校区において、通学路の合同点検を実施し、その結果をもとに通学路安全推進会議において具体的な対策について検討しました。

(2)取組の成果

  • DVD及び歩行環境シミュレータを活用した授業を通じて、道路に潜む危険や安全通行するために留意すべき事柄について児童が真剣に考えることができました。また、実際の生活道路に視点を当てたことで、交通安全意識の高揚や実践的な態度も養うことにもつなげられました。
  • アドバイザーの専門的識見による助言等から、適切な安全対策を講じることができました。また、第2回通学路安全推進会議で対策案に関する合意形成が図られた箇所については、道路管理者が施工し、第3回会議で結果を報告することができました。

(3)今後の活動

  • 登下校を含めた日常生活において、児童が視野をより広くもつとともに、危険を意識し安全に歩行・横断できるよう、継続的に交通安全指導を行います。
  • 通学路安全推進会議は、4つの中学校区を1年毎に変えて開催し、4年後に今回の対策の検証を実施します。
常滑市の取組
DVDを使用した交通安全教室(左上、左下)
歩行環境シミュレータを使用した交通安全教室(中上、中下、右上、右下)

5 成果発表会

   平成30年2月9日(金曜日)ウィルあいち(愛知県女性総合センター:名古屋市東区)ウィルホールにて成果発表会を開催しました。

 

  • 「登下校中に発生した交通事故の特徴」として、公益財団法人交通事故総合分析センター 研究部 主任研究員 山口 朗様から、御講演いただきました。 全国の交通事故件数、愛知県内の交通事故の特徴、小学生の歩行中の交通事故、中学、高校生の自転車乗用中の交通事故についてデータを使って分かりやすく説明していただきました。     
  • 各モデル校、モデル地区の取組成果を発表しました。 

問合せ

愛知県教育委員会事務局保健体育スポーツ課健康学習室安全グループ
担当:加藤・鈴木(照)・鈴木(智)・松本
ダイヤルイン:052-954-6829
内線:3925・3926
E-mail: kenkogakushu@pref.aichi.lg.jp