ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 一宮保健所 > 腸管出血性大腸菌O157(一宮保健所)

腸管出血性大腸菌O157(一宮保健所)

腸管出血性大腸菌O157について

腸管出血性大腸菌O157とは

 大腸菌は、動物や人の腸内に存在しています。ほとんどの大腸菌は無害です。しかし、一部のものに人に下痢などを起こすものがあり、病原大腸菌と呼ばれています。更に、病原大腸菌の中には、出血を伴う腸炎を起こす腸管出血性大腸菌と呼ばれるものがあります。
 大腸菌は、菌の成分(「表面抗原」や「べん毛抗原」などと呼ばれています)によりいくつかに分類されています。「O157」はこの分類の一つで、「O157」の中に出血を伴う下痢を引き起こすものがあり、腸管出血性大腸菌「O157」と呼ばれています。ただし、全ての「O157」が症状を起こすわけでなく、無害なものもいます。
 腸管出血性大腸菌O157は、1982年にアメリカで発生した食中毒のときに、患者の便から初めて確認された比較的新顔の大腸菌です。その後、世界各地で見つかり、日本でも、1990年に、埼玉県浦和市の幼稚園で集団発生しました。
 原因食品としては、ハンバーガー、牛肉、牛レバー刺、井戸水などがあります。特に、牛レバー刺は、カンピロバクター食中毒の原因食品としても注目されています。

腸管出血性大腸菌O157の症状

 O157は、体内に入ってから3日から9日後に、症状が出てきます。主な症状は、下痢、腹痛、発熱ですが、人によっては頭痛やのどの痛みなどカゼのような症状のときもあります。
 O157は、腸の組織を侵して激しい痛みと出血性下痢を起こさせます。体内に入ったO157そのものは抗生物質で退治できますが、菌が死ぬ時に赤痢菌と似た毒素(ベロ毒素)を出し、腎臓や脳に大きな障害をもたらすことがあります。
 O157のもう一つの特徴は、少量の菌で感染し、発病することです。他の食中毒菌(腸炎ビブリオなど)による食中毒は、発病に100万個以上の菌が必要と言われますが、O157は数百個ほどでも発症します。

感染を予防するには

 手を清潔に保つ。(O157は、感染すると便とともに対外へ排出されます。そこで、トイレの後は、薬用石けん等で特に念入りに手を洗ってください。また、調理するときも同じように、手をよく洗ってください。)食品を調理するときは、中心部までしっかり加熱する。(O157は、75℃、1分間の加熱で殺菌できると言われています。)肉(特に牛の内臓肉)は生で食べない。布巾やまな板、包丁などの調理器具は、清潔に保つ。(しっかり洗い、熱湯、塩素系漂白剤などで消毒する。)生水を飲まない。井戸水は、消毒して使用する。動物に触れた後は、手をよく洗う。水筒、食器、器具類をほかの人と共用しない。

万一、出血を伴う下痢になったら

 早めに医師の診察を受ける。(乳幼児、高齢者は、重症化することがあるので、特に注意が必要です。)患者の便や吐物を処理するときは、ゴム手袋などを使用し、衛生的に処理する。(患者の便などに触れたときは、逆性石けんや消毒用アルコールで消毒する。ただし、消毒薬は、子供の手の届かないところに保管する。)患者の便や吐物に触れた雑巾などは、他のものに触れないようビニール袋などに入れ捨てる。捨てることができない物は、手や他のものに触れないよう注意し、熱湯などで消毒する。患者の衣服や下着は、消毒できるものは熱湯で消毒し、他の家族のものとは別に洗濯する。風呂は、患者が最後に入るようにし、入浴後、浴槽をよく洗う。特に、乳幼児と患者は、いっしょに入らない。

問合せ

愛知県 一宮保健所
電話:0586-72-0321
総合相談窓口電話:0586-72-1699
FAX:0586-24-9325
E-mail: ichinomiya-hc@pref.aichi.lg.jp