ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 保健医療局医薬安全課 > 毒物及び劇物指定令の改正について

毒物及び劇物指定令の改正について

毒物及び劇物指定令の改正について

 平成30年6月29日付けで、毒物及び劇物指定令が改正されました。

1 新たに毒物に指定された品目

1)5―イソシアナト―1―(イソシアナトメチル)―1,3,3―トリメチルシクロヘキサン【CAS番号4098-71-9】
2)2―クロロピリジン【CAS番号109-09-1】
3)(ジクロロメチル)ベンゼン【CAS番号98-87-3】
4)(トリクロロメチル)ベンゼン【CAS番号98-07-7】
5)ビス(4―イソシアナトシクロヘキシル)メタン【CAS番号5124-30-1】
6)2―ヒドロキシエチル=アクリラート【CAS番号818-61-1】
7)2―ヒドロキシプロピル=アクリラート【CAS番号999-61-1】
(注:上記7物質を含有する製剤を含む。)

2 新たに劇物に指定された品目

1)N―(2―アミノエチル)エタン―1,2―ジアミン【CAS番号111-40-0】
2)エタン―1,2―ジアミン【CAS番号107-15-3】
3)ジエチル=スルフアート【CAS番号64-67-5】
4)N,N―ジメチルプロパン―1,3―ジアミン【CAS番号109-55-7】
5)水酸化リチウム【CAS番号1310-65-2】
6)水酸化リチウム一水和物【CAS番号1310-66-3】
7)1,2,3―トリクロロプロパン【CAS番号96-18-4】
8)二酸化アルミニウムナトリウム【CAS番号1302-42-7】
9)N,N′―ビス(2―アミノエチル)エタン―1,2―ジアミン【CAS番号112-24-3】
10)ホスホン酸【CAS番号13598-36-2】
11)レソルシノール及びこれを含有する製剤。ただし、レソルシノール20%以下を含有する
製剤を除く。【CAS番号108-46-3】
(注:上記11物質を含有する製剤を含む。)

3 新たに劇物から除外された品目

〇有機シアン化合物及びこれを含有する製剤のうち、以下の3物質
・1―(3―クロロ―2―ピリジル)―4′―シアノ―2′―メチル―6′―(メチルカルバモイル)―3―[[5―(トリフルオロメチル)―2H―1,2,3,4―テトラゾール―2―イル]メチル]―1H―ピラゾール―5―カルボキサニリド【CAS番号1229654-66-3】
・4′―(シアノメチル)―2-イソプロピル―5,5―ジメチルシクロヘキサンカルボキサニリド【CAS番号1857331-83-9】
・2,3,3,3―テトラフルオロ―2―(トリフルオロメチル)プロパンニトリル【CAS番号42532-60-5】

〇無水酢酸0.2%以下を含有する製剤【CAS番号108-24-7】

事業者の皆様へ

 今回の改正で新たに毒物又は劇物に指定された物を取り扱う場合は、今後、毒物及び劇物取締法の規制が適用されます。
 当該毒物及び劇物を販売・授与(伝票販売を含む。)したり、販売・授与の目的で製造、輸入している場合は経過措置期間内(平成30年9月30日まで)に、厚生労働大臣や都道府県知事等の登録を受けなければなりません。

 毒物及び劇物の取扱いや規制内容、登録の申請等については以下のページをご覧ください。

http://www.pref.aichi.jp/iyaku/doku/doku.html

 毒物及び劇物の該当性や手続き等で不明な点がありましたら、管轄の保健所又は医薬安全課 毒劇物・麻薬・血液グループにお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)