ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 人事委員会事務局職員課 > 受験案内のダウンロード(平成31年度 特別募集 愛知県職員採用候補者試験)

受験案内のダウンロード(平成31年度 特別募集 愛知県職員採用候補者試験)

この試験は、昭和35年4月2日から平成2年4月1日までに生まれた方が対象です。これ以後に生まれた方は、第1回愛知県職員・警察職員採用候補者試験に受験できる可能性がありますので、そちらの受験案内で受験資格等を確認してください。

受験案内のダウンロード

特別募集試験 受験案内 [PDFファイル/241KB]

申込書記載例 [PDFファイル/483KB]

 

  • 平成31年度 特別募集 愛知県職員採用候補者試験の申込受付期限は平成31(2019)年5月22日(水曜日)までです。5月22日(水曜日)までに申込データを受信完了したものに限り受け付けます。

※ 電子申請での申込手続きは(1)システムの利用者登録、(2)試験申込の2段階です。利用者登録だけでは申込完了ではありません。余裕を持って手続きをしてください。

よくある問合せ

Q1 「心理」と「社会福祉」を併願できますか。

A1 併願できません。一つを選択したうえで申し込んでください。(申込後の変更はできません。)

Q2 大学で「心理学概論」の単位を履修したのですが、試験区分「心理」で受験することはできますか。

A2 単に「心理学概論」の単位を履修しただけでは、これに相当する課程を修めたとは言えません。

Q3 「社会福祉」の試験区分の受験資格に「大学で心理学、社会学、教育学のいずれかを専修する学科又はこれに相当する課程を修めて卒業したもの」とありますが、これに相当する課程とはどういったものがありますか。

A3 「相当する課程」とは、社会福祉学部の各学科や、人間関係学科、児童学科等のように、心理学・教育学・社会学を総合的に履修している学科も含みます。また、これらの課程を修めて「大学院を修了した者」「海外の大学を卒業した者」「大学で専修し、飛び級により大学院への入学を認められた者」も含みます。
 なお、
(1)単に、心理学概論や社会学概論などの単位を履修して卒業した場合などは含みません。
(2)大学の教育学部等において、教員養成課程を専修した人及び他学部で教員免許取得単位を履修した人でも、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科に該当しない場合は受験できません。

Q4 「社会福祉」の試験区分の受験資格にある「児童福祉司の任用資格」は、どうすれば取得できますか。

A4 「児童福祉司の任用資格」を取得するためには、例えば
1. 社会福祉士又は精神保健福祉士の国家試験に合格した者
2. 都道府県知事の指定する養成校を卒業又は講習会の課程を修了した者
3. 社会福祉主事として2年以上児童福祉事業に従事し、指定講習会の課程を修了した者
といった方法があります。
詳しくは、児童福祉司の任用資格 一覧表(pdfファイル)を御覧ください。

Q5 社会福祉を受験するにあたり「社会福祉士」資格を持っているのですが、大学卒業(見込み)者でないと受験できませんか。

A5 資格があれば大学卒業(見込み)者でなくても受験できます。

Q6 2次試験である「模擬相談」は、どのようなことをするのですか。

A6 受験者が福祉相談センターの職員として相談者と面接を行うとともに、その内容を上司に報告します。相談者役及び上司役は試験委員です。

Q7 最終合格しても、採用されない場合がありますか。

A7 本人が辞退する場合や、試験区分によって必要な資格・免許が取得できない場合を除いて、原則として採用されています。

Q8 第1次試験もやはりスーツで受験するべきですか。

A8 服装については特に指定していません。第1次試験日は、季節に応じた楽な服装、体温調整しやすい服装で、受験してください。

その他Q&Aについては愛知県職員採用情報Webページをご覧下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)