ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 人事課 > 愛知県職員の出勤削減等の実施状況について(2021年9月3日発表分)

愛知県職員の出勤削減等の実施状況について(2021年9月3日発表分)

愛知県職員の出勤削減等の実施状況について(2021年9月3日発表分)

 愛知県では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、職員の在宅勤務等の「出勤削減」及び出勤する職員を分散させる「時差勤務」に取り組んでいます。

 この度、愛知県職員の出勤削減等の実施状況を取りまとめましたので、公表します。

 

1 期間

  2021年8月8日(日曜日)から8月26日(木曜日)まで

 

2 算定の対象とする職員

  知事部局等(本庁及び地方機関)に勤務する非常勤職員を含む全職員のうち、病院関連、社会福祉関連及び新型コロナウイルス感染症関連業務に従事する職員を除いた8,619人。

 

3 目標

 (1)出勤削減

 県民サービスに影響が出ない範囲で、出勤者の半数程度を削減する。

   目標を達成した所属は、それに留まることなく7割の削減を目指す。

 

 (2)時差勤務

  時差勤務区分を早出、通常、遅出の3類型に分け、それぞれ3分の1程度に分散する。

 

4 実施状況等

~出勤削減・時差勤務実施状況~
 

出勤削減率

(在宅勤務及び休暇を取得した職員の割合)

時差勤務実施率

(早出・遅出勤務を実施した職員の割合)

8月8日(日曜日)~

8月26日(木曜日)

  23.4%

50.8%

 

5 出勤削減に向けたこれまでの取組等

 ・ テレワーク用端末(モバイルパソコン)1,100台の導入

 ・ 職場に配備されている職員専用パソコンの自宅での使用を許可

 ・ テレワーク用端末を使用せず在宅勤務する場合における、職員個人の携帯電話から職場等への通話料が公費負担となる通信サービスの導入

 ・ 出勤削減を特に促す「集中取組日」の設定

 ・ 新規採用職員研修等に在宅でも受講可能なe-ラーニングの導入

 ・ 計画的な休暇取得の奨励

 ・ 時差勤務の時間区分や要件の拡大

 

【参考(過去の実施状況)】

 ~出勤削減・時差勤務実施状況~

 

出勤削減率

時差勤務実施率

緊急事態措置期間における取組状況

<対象期間>

5月12日から6月20日まで

  19.7%

  50.6%

まん延防止等重点措置期間における取組状況

<対象期間>

6月21日から7月11日まで

16.1%51.6%