ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > 2023年の技能五輪国際大会の開催地に日本・愛知が正式に立候補表明しました
ホーム > しごと・産業 > 商工業・中小企業 > 商業・サービス業 > 2023年の技能五輪国際大会の開催地に日本・愛知が正式に立候補表明しました
ホーム > しごと・産業 > 商工業・中小企業 > 工業 > 2023年の技能五輪国際大会の開催地に日本・愛知が正式に立候補表明しました

2023年の技能五輪国際大会の開催地に日本・愛知が正式に立候補表明しました

2023年の技能五輪国際大会の開催地に日本・愛知が正式に立候補表明しました

10月15日(月曜日)から18日(木曜日)まで、オランダ・アムステルダムで開催されたWSI(ワールドスキルズ・インターナショナル)の総会において、10月18日(木曜日)現地時間午後4時頃(日本時間午後11時頃)、上野厚生労働大臣政務官ほか出席の下、2023年の技能五輪国際大会の開催地に、日本・愛知が正式に立候補を表明しましたのでお知らせします。
なお、総会ではフランスも立候補しました。
今後、来年8月の開催地決定まで、2023年技能五輪国際大会招致委員会(委員長:大村愛知県知事)を中心に、招致を勝ち取るための活動を加速させていきます。

(注)WSI(ワールドスキルズ・インターナショナル)とは)
WorldSkills Internationalの略で、技能五輪国際大会の運営組織。2018年10月18日現在、80の国と地域が加盟(日本は、中央職業能力開発協会が加盟)。

知事コメント

知事コメント [PDFファイル/45KB]

(参考1)これまでの取組と今後のスケジュール(想定)

取組内容

2017

(国)2023年技能五輪国際大会招致方針決定(9月22日)

2018

2023年技能五輪国際大会招致委員会発足・第1回委員会開催(4月18日)

第2回2023年技能五輪国際大会招致委員会開催(9月4日)

WSI総会で、2023年の技能五輪国際大会に正式に立候補表明(10月18日)

2019

WSI事務局による検証訪問(3月頃)

WSI総会(ロシア・カザン)で開催地決定(8月)

(参考2)開催地決定の選挙方法

開催国・地域は一票を有する。ただし、準加盟国・地域は投票権(選挙権)無し。
立候補国等が2ヵ国以上の場合、絶対多数(投票数50%プラス1)が必要。絶対多数に満たない場合は、再投票。候補国等が3ヵ国以上で再投票になった場合、獲得票数が一番少ない国は除外され、再投票。

 

(参考3)技能五輪国際大会の概要

国際的に技能を競うことにより、参加国の職業訓練の新興や技能水準の向上などを図るとともに、青年技能者(原則満22歳以下)の国際交流と親善を目的に、2年ごとに開催。約60ヵ国・地域から約1,200名の選手が参加し、CNC旋盤や洋菓子製造など50職種程度の競技で技能を競う大会。

(参考4)技能五輪国際大会の最近の開催状況及び今後の予定

技能五輪国際大会の最近の開催状況及び今後の予定

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)