ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格試験 > 研修・講習 > 2022年度から県立岡崎高等技術専門校に新たな訓練科を設置します

2022年度から県立岡崎高等技術専門校に新たな訓練科を設置します

 愛知県では、新規学卒者や若年者、離転職者等を対象に、就職に必要となる基礎的な知識や技能を身に付けていただくための公共職業訓練(ハロートレーニング)を、県内に3校ある県立高等技術専門校において実施しています。
 県立高等技術専門校では再編・整備により人材育成機能の強化を進めており、現在、県立岡崎高等技術専門校において全面的な建替工事を実施しています。この度、12月から新館の一部使用開始に伴い、2022年度から「機械技術科」及び「3Dモデリング科」を新設します。

1 訓練科の見直し内容

 中小企業のニーズに対応したモノづくり人材を育成するため、社会人スキルを高める取組である「人づくり」を行いながら、生産現場で必要となるCAD/CAMや各種NC工作機械による加工技術を習得する「機械技術科」と、2D・3DCADや3Dプリンタ等を活用した設計・製図技術を習得する「3Dモデリング科」を新設します。
 また、「モノづくり総合科メタルクラフトコース」を「金属加工科」に名称変更するとともに、「造園施工科」・「造園管理科」を統合し、「総合造園科」を設置します。
訓練科見直しイメージ
※1普通課程(主に新規学卒者を対象としたコース)
※2短期課程(主に求職者を対象としたコース)

2 新設科の訓練内容

 
訓練科

訓練課程

訓練期間

訓練内容
機械技術科

普通課程

2年

機械技術科では、測定法や製図などの基本的な学科や、各種汎用工作機械の基礎、CAD(コンピュータ支援設計)、CAM(コンピュータ支援生産)及びNC(数値制御)工作機械での加工を通して、機械技術者としての幅広い知識と技能を習得します。
3Dモデリング科

短期過程

6か月

2D・3DCADの操作と実践的な図面作図技能の習得を目標に実施します。また、3Dプリンタによる立体形状作成、NCプログラミング作成やマシニングセンタ操作実習等も実施します。機械設計・製図、生産、検査などに関する知識と技能を習得します

3 開設時期

2022年度4月入校生から実施します。(※金属加工科は2022年度7月入校生から実施)
訓練生募集については、7月末頃に記者発表します。

4 その他

愛知県が実施する訓練科
岡崎校整備概要

愛知県労働局産業人材育成課
公共訓練グループ
担当:那須、恒川
電話:052-954-6364
内線:3444、3445
メール:jinzai@pref.aichi.lg.jp