ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > みんなで挑戦! 少年少女技能大会「アイチータ杯」

みんなで挑戦! 少年少女技能大会「アイチータ杯」

  アイチータ                     アイチータ 

少年少女技能大会「アイチータ杯」とは?

この大会は、小中学生を対象に、モノづくりの楽しさや難しさを同年代の子と競い合いながら経験することにより、モノづくりへの関心を深めてもらうため、2016年度から愛知県主催で開催しているものです。

2019年度 少年少女技能大会「アイチータ杯」

大会概要

【小学生の部】
○開催日:2019年11月9日(土曜日) 
○会場:名古屋市中小企業振興会館 [吹上ホール](名古屋市千種区吹上二丁目6-3)
○競技:「木製折り畳み小椅子の製作」(小学校5年生から6年生まで対象)

【中学生の部】
○開催日:2019年11月10日(日曜日) 
○会場:名古屋市中小企業振興会館 [吹上ホール](名古屋市千種区吹上二丁目6-3)
○競技:「ロボット製作と制御」 

開催結果[9日・小学生の部]

当日受付で、第1回、第2回合計49名の小学生が競技大会に参加しました。今年は昨年の小椅子よりさらに進化した折り畳める小椅子ということで、少し課題が難しかったようでしたが、「楽しかった」「また参加したい」という感想を聞くことができました。

☆様子:「木製折り畳み小椅子の製作」
 普段あまり使わないのこぎりや、かなづちを使いました。指導者の説明をしっかりと聞いて、一生懸命作りました。

小椅子1小椅子2小椅子3

開催結果[10日・中学生の部]

事前エントリーしていただいた中学生43チーム(過去最高チーム数)が参加し、課題のクリア状況やタイムを競いました。

☆結果:
優勝:名古屋市立有松中学校「永遠永遠(えいえい)」 準優勝:小牧市立小牧西中学校「小牧西中学校B」 3位:小牧
市立小牧西中学校 「小牧西中学校D」 4位:小牧市立小牧西中学校「小牧西中学校C」 5位:名古屋市立有松中学校「てらちゃんず」

☆様子:「ロボット製作と制御」 
開会式後、さっそく各グループが一斉にプログラミングとロボット製作を開始しました。サプライズルールも発表され、
時間内に調整、試走し、改良を重ねます。
ロボット1ロボット6 ロボット7

車検をとおり完成したロボットが揃いました。いよいよ競技開始です。緊張しながら、順番を待ち、チーム全員でロボットが上手く動くかどうか見届けます。

ロボット2ロボット3ロボット4

アイチータが登場!表彰式で上位のチームには、賞状、トロフィー等が授与されました。おめでとうございます☆
ロボット8ロボット5

2018年度以前の「アイチータ杯」の様子

2018年度

2017年度

2016年度

<参考>他の競技大会

他の年齢層を対象とした競技大会

競技大会名対象者開催

競技日数(競技時間)

実施職種

主催者
若年者ものづくり競技大会企業等に就業していない20歳以下の若年者毎年

1日間(3~6時間程度)

15職種程度

厚生労働省、中央職業能力開発協会

技能五輪全国大会23歳以下の青年技能者毎年

2日間(5~12時間)

40職種程度

厚生労働省、中央職業能力開発協会、開催都道府県

技能五輪国際大会22歳以下の青年技能者隔年

4日間(15~22時間程度)

50職種程度

ワールドスキルズインターナショナル、開催国

技能グランプリ 特級、1級及び単一等級の技能検定に合格した熟練技能士隔年

2日間(5~11時間程度)

30職種程度

厚生労働省、中央職業能力開発協会、(一社)全国技能士会連合会

障害者を対象とした競技大会
競 技 大 会 名 対 象 者開     催競技日数(競技時間)・実施職種主   催

愛知県障害者技能競技大会
(愛知県アビリンピック)

15歳以上の障害のある者で、愛知県内在住または県内事業所に勤務する者、もしくは県内の学校に通学する者毎年1日間(概ね6時間以内)・20種類程度(独)高齢者・障害・求職者雇用支援機構、愛知県
全国アビリンピック15歳以上の障害のある者国際アビリンピック開催年を除く年1日間(概ね6時間以内)・20職種程度(独)高齢者・障害・求職者雇用支援機構、開催都道府県
国際アビリンピック15歳以上の障害のある者概ね4年に1回2日間(6時間以下)・50職種程度国際アビリンピック連合、国際リハビリテーション協会、開催国