ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > 「とよた産業フェスタ2018」で2023年技能五輪国際大会の招致をPRするイベントを実施します!
ホーム > 教育・子育て > 教育・学習 > 専門校・大学・私立学校 > 「とよた産業フェスタ2018」で2023年技能五輪国際大会の招致をPRするイベントを実施します!

「とよた産業フェスタ2018」で2023年技能五輪国際大会の招致をPRするイベントを実施します!

「とよた産業フェスタ2018」で2023年技能五輪国際大会の招致をPRするイベントを実施します!

 

  愛知県では、2023年技能五輪国際大会の招致機運を盛り上げるため、9月22日(土曜日)及び23日(日曜日)に豊田スタジアムで開催される「とよた産業フェスタ2018※1」においてPRイベントを実施します。
 次代を担う子供たちに技能を楽しく体験してもらうとともに、技能五輪国際大会の招致を広くPRすることを目的として、アーティストと技能者のコラボレーションにより技能体験等を行う『Skills Labo(スキルズラボ)』と、技能五輪競技の魅力をパネルや動画等を使って分かりやすく紹介する『Skills Library(スキルズライブラリ)』を実施します。
 当日は、11月2日から5日までに沖縄で開催される技能五輪全国大会の左官職種に出場する名古屋市立工芸高等学校の生徒による左官の実演のほか、おおむね小学校5・6年生を対象に、実演で作られた材料をもとに、アーティストの荒巻(あらまき)悠(はるか)氏※2からアドバイスを受けながら、オリジナルオブジェ作り体験を行います。是非、御参加ください。

  ※1 とよた産業フェスタ2018
    「産業」「資源」「人」を始めとする様々な魅力をお伝えする豊田商工会議所主催のイベント。開催期間は9月22日(土曜日)から23日(日曜日)までです。
    豊田市内の企業などをPRする産業PRストリート、市内の農産物や特産品を即売する農林マーケット、自慢の逸品料理を提供するランチマー
    ケットなどが開催されます。
 ※2 荒巻(あらまき)悠(はるか)氏
    慶應義塾大学政策メディア研究科修了。人の無意識的な判断をあらわにする試みを、オブジェクトの製作を通して行っている。

 

 1 日時

    平成30年9月22日(土曜日)、23日(日曜日) 午前10時から午後4時まで

 2 場所

    豊田スタジアム W2ゲート付近(インフォメーションセンター横)
    豊田市千石町7丁目2番地  電話:0565-87-5200

    開催場所

               【○:開催場所】

 

 3 概要

 (1)Skills Labo (スキルズラボ)

   ア 内容

     ・名古屋市立工芸高等学校の生徒による技能五輪全国大会の左官職種競技課題の実演
     ・生徒へのインタビューによる左官技能の紹介
     ・アーティスト荒巻悠氏といっしょにオリジナルオブジェ(箸置き、ペン皿、アクセサリー等)の製作体験
      当日作成した作品は、お持ち帰りいただけます。
 

   イ 対象
     おおむね小学校5・6年生

   ウ スケジュール
     各日午前10時15分、午前11時15分、午後1時、午後2時、午後3時の5回。
     所要時間は、約45分です。

   エ 定員・参加方法
     各回10人、整理券制。
     各日午前10時から、ブース前にて当日分の全ての整理券を配布します。
     整理券がなくなり次第、受付終了となります。

   オ 参加費
     無料

 

     オリジナルオブジェ作品イメージ

          【オリジナルオブジェ作品イメージ】

 

 (2)Skills Library(スキルズライブラリ)

   ・技能五輪国際大会の概要と歴史、選手選抜の方法及び日本の成績等をパネル、ビデオなどで紹介します。
   ・7月15日(日曜日)のWorld Youth Skills Day※に、2023年技能五輪国際大会招致のために、名古屋で約1,100名が
    参加して製作したモザイクタイルを展示します。(平成30年7月9日発表済)

   ※ World Youth Skills Day(ワールド・ユース・スキルズ・デー)
     若者にスキル(技能)を身につけることの重要性を認識してもらうため、2014年の国際連合総会において、毎
     年7月15日がWorld Youth Skills Dayとして制定された。

 

     2023年技能五輪国際大会招致モザイクパネル

     【2023年技能五輪国際大会招致モザイクタイル】

 

   <参考> 技能五輪国際大会について

        青年技能者(原則22歳以下)を対象に、参加国における職業訓練の振興及び技能水準の向上を図るとと
        もに、国際交流と親善を目的に、2年に1度(奇数年)開催される技能競技大会。幅広い職種を対象とし、
        世界各国・地域の予選会等を勝ち抜いた青年技能者が一堂に会す。過去日本においては、1970年の東
        京、1985年の大阪、2007年の静岡と計3回の国際大会を開催している。