ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > ワールドスキルズ フラッグリレー※1において2023年技能五輪国際大会招致のPRを行います!

ワールドスキルズ フラッグリレー※1において2023年技能五輪国際大会招致のPRを行います!

 アイチータ

 愛知県は、2023年技能五輪国際大会の招致を目指し、大村知事を委員長とする「2023年技能五輪国際大会招致委員会※2」において、オールジャパン体制で招致活動等に取り組んでいます。
 この度、石川県等で開催される「若年者ものづくり競技大会※3」会場において、技能五輪国際大会の大会旗が過去の国際大会開催国を巡る「ワールドスキルズ フラッグリレー」が、国際大会の運営組織であるワールドスキルズ・インターナショナルの役員等参加のもと行われます。
 イベントにおいては、2023年技能五輪国際大会の招致機運の醸成を図るため、会場を訪れた観客等に対し、招致への意気込みをアピールします。

1 日時

平成30年8月1日(水曜日)正午から午後0時40分まで

2 会場

石川県産業展示会館(3号館)
(住所:石川県金沢市袋畠町南193 電話:076-268-1121)

3 スケジュール<予定>

(1)ワールドスキルズ・カザンによるプレゼンテーション
(2)大会旗旗振り等(厚生労働省、中央職業能力開発協会、過去国際大会メダリスト、招致委員、愛知県)
(3)2023年技能五輪国際大会招致のPR(愛知県)
(4)池澤(いけざわ)あやか招致委員からの応援メッセージ

※1 ワールドスキルズ フラッグリレーについて

2019年8月にロシア連邦・カザンで開催される技能五輪国際大会に向け、技能五輪国際大会の認知度を向上させることを目的に、大会旗が過去の国際大会開催国(20ヶ国)を訪問します。
大会旗は各国を巡った後、ロシア連邦国内の都市を経てカザンに到達する予定です。
なお、日本においては、過去3回(1970年東京、1985年大阪、2007年静岡)技能五輪国際大会が開催されています。

※2 2023年技能五輪国際大会招致委員会について

2023年技能五輪国際大会の日本・愛知県への招致に向け、オールジャパン体制で招致活動や招致機運醸成等に取り組むことを目的に、今年4月に愛知県知事を委員長として組織されました。(平成30年4月11日発表済)
テレビのものづくり番組で司会を務めたタレントの千原ジュニアさんや、プログラマーとしても活躍するタレントの池澤あやかさんを始め、労使団体、技能関係団体、有識者など幅広い分野で活躍する31人の委員で構成されています。

※3 若年者ものづくり競技大会について

 職業能力開発施設、工業高等学校などで技能を習得中の若年者(原則として20歳以下の未就業者)がものづくり技能を競う大会です。
(1)日程
    平成30年8月1日(水曜日)から8月2日(木曜日)まで
    (一部職種は、7月28日(土曜日)から先行実施)
(2)会場
   石川県産業展示館、石川県立小松産業技術専門校、ポリテクセンター石川
   ポリテクセンター中部(愛知県小牧市)の4箇所
(3)主催
   厚生労働省、中央職業能力開発協会
(4)その他
   詳細は以下の中央職業能力開発協会Webページを御覧ください。
http://www.javada.or.jp/jyakunen20/index.html
 

○技能五輪国際大会

青年技能者(原則22歳以下)を対象に、参加国における職業訓練の振興及び技能水準の向上を図るとともに、国際交流と親善を目的に、2年に1度(奇数年)開催される技能競技大会。
約50職種を対象とし、世界各国・地域の予選会等を勝ち抜いた約60か国・地域、約1,250名の青年技能者が一堂に会し、競技を行う。

○ワールドスキルズ・インターナショナル(WorldSkills International:略称WSI)

技能五輪国際大会の運営組織。本部はオランダのアムステルダムにあり、欧州やアジア地域を始めとする79か国・地域が加盟している。(2018年6月現在)