ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > 平成19年度「デジタルコンテンツ利活用促進事業(技術伝承モデル)」の業務委託先を募集します(募集を終了しました)

平成19年度「デジタルコンテンツ利活用促進事業(技術伝承モデル)」の業務委託先を募集します(募集を終了しました)

平成19年8月13日(月曜日)発表

平成19年度「デジタルコンテンツ利活用促進事業(技術伝承モデル)」の業務委託先を募集します

愛知県では、デジタルコンテンツ産業を今後成長の期待できる次世代産業分野として位置づけて重点的に振興することしています。

こうした中、モノづくり現場において映像などのデジタルコンテンツ技術を利活用した技術伝承の有効性が注目されていることから、当地域らしいデジタルコンテンツ関連の仕事創出として本年度、モデル事業(技術伝承モデル)を実施することにしました。

このモデル事業では、モノづくり現場における熟練技術者の「カン」や「コツ」を映像などによりデジタルデータとして取りまとめ、これを技術伝承モデルとして公開するものです。

1 事業内容

本県は自動車・工作機械などを中心にモノづくり産業で発展してきているが、生産現場ではモノづくりを支えてきた団塊世代の熟練技術者が次々と定年年齢を迎えている。

現在、生産現場では、経験則や仕事のノウハウといった「暗黙知」をデジタルコンテンツとして蓄積し活用する方法は普及しておらず、活用方法が分からないこと、重要性が認識されないことなどから積極的な取り組みがみられない。

一方、情報技術を活用して経験則や仕事のノウハウを組織全体で共有し、有効に活用するナレッジマネジメントの考え方が進んでいる。

そこで、デジタルコンテンツ技術を利活用した簡易で安価に作成できる技術伝承方法をモデルケースとして構築・公開して、資金や人が不足している中小企業に普及を図るとともに、当地域のニーズにあったデジタルコンテンツ産業の集積を図る。

2 業務委託先の募集

(1)  応募資格

次の条件を満たす企業等*とする。

  • 県内に事業所及び活動拠点を有していること。
  • 本業務の遂行に必要な組織、人員等を有していること。
  •  財政的基礎が確立されていること。

*企業等とは株式会社、有限会社、NPO、公益法人、協同組合をいう。

(2)  選定企業数

 1社

(3)  募集期間

 平成19年8月21日(火)から9月10日(月)まで(17時30分 新産業課 必着)

(4) 委託金額

 3,000千円(税込み)以内

(5) 委託業務

  • 県において選定したモデル企業2社の伝承すべき技術の選定
  • 技術伝承のためのデジタルコンテンツの作成およびメンテナンス等の指導 

*デジタルコンテンツとして 動画、静止画、データ(データベース)、プログラム(ツール)、業務のワークフロー図、説明、作業マニュアル、3次元CADマニュアルなどを想定

  •  コンテンツの評価、検証
  • 報告書(12月,3月)の提出及びモデル事業成果報告会(2月)での報告
  • モデル事業の成果普及への協力

3 業務委託企業等の選定方法

提出書類による事前審査(スクリーニング)を行った後、事前審査通過者に対し、県が設置する選定委員会を開催し、プレゼンテーション及びヒヤリングによる審査を行い選定します。

4 説明会の開催

(1) 日時 平成19年8月23日(木)  13時30分から15時00分まで

(2) 場所 愛知県三の丸庁舎 8階 会議室803 (名古屋市中区三の丸二丁目6-1)

(3) 内容 

  • 県からの事業説明
  • モデル企業による現状説明
    *参加ご希望の方はFAX又はメールにて、所属・所属住所・氏名・連絡先(電話番号又はメールアドレス)を記入の上お申し込み下さい。

5 問合せ先

愛知県産業労働部新産業課 情報通信グループ

担当 辻村、依田

〒460-8501  名古屋市中区三の丸三丁目1-2 (愛知県庁西庁舎7階)

電話 052-954-6347 (ダイヤルイン)

FAX 052-954-6977

E-mail:shin-san@pref.aichi.lg.jp

「デジタルコンテンツ利活用促進事業(技術伝承モデル)」用ファイル

問合せ

愛知県 産業労働部 新産業課
情報通信グループ
担当: 辻村、依田
電話: 052-954-6347(ダイヤルイン)
内線: 3381、3380
E-mail: shin-san@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)