ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 「第3回 愛知デジタルコンテンツ コンテスト」公開審査会の参加者を募集します

「第3回 愛知デジタルコンテンツ コンテスト」公開審査会の参加者を募集します

平成21年11月20日(金曜日)発表

「第3回 愛知デジタルコンテンツ コンテスト」公開審査会の参加者を募集します

 愛知県では、愛知の未来を担う若いクリエイターの発掘を目的として、「第3回愛知デジタルコンテンツ コンテスト」の作品を募集したところ、静止画76点、動画33点、合計109点の応募がありました。
 このたび、予備審査を通過した受賞候補作品(約30作品)の公開審査及び表彰式を行います。また、映像制作企業の(株)白組 プロデューサー 岩木勇一郎 氏を講師にお招きし、デジタルコンテンツに関する講演を行います。
 この公開審査会では学識審査員のほか、映像制作関連企業をはじめ、一般の方々も一般審査員として審査にご参加いただけます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時

平成21年12月15日(火) 午後1時10分から午後4時30分まで

会場

愛知県産業労働センター(ウインクあいち)5階 小ホール1
 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 (JR・地下鉄・名鉄・近鉄)名古屋駅より徒歩約2分

内容

プログラム

13:10~13:20 主催者挨拶
13:20~14:50
 第1部 第3回愛知デジタルコンテンツ コンテスト公開審査 
  受賞候補作品と制作者によるプレゼンテーション(予定30作品)・公開審査
14:50~15:00 休憩
15:00~15:50
 第2部 デジタルコンテンツに関する講演
  講師:株式会社 白組 プロデューサー  岩木 勇一郎 氏(予定)
15:50~16:00 休憩
16:00~16:30
 第3部 コンテスト表彰式

コンテスト公開審査方法

 学識審査員と一般参加者(審査希望者)により受賞候補作品(30作品程度)の審査を行い、受賞作品を選定します。
当日、一般参加者のうち希望する方はどなたでも審査に参加することができます。

コンテスト受賞各賞

(1)静止画部門
グランプリ1点(賞金10万円)、準グランプリ1点(賞金5万円)
(2)動画部門
グランプリ1点(賞金10万円)、準グランプリ1点(賞金5万円)
※なお、後援団体の協賛により特別賞として5点、賞状を授与する予定です。

参加費

無料

定員

120名(先着順) ※希望する方はどなたでも審査に参加することができます。

主催

愛知県

後援(順不同)

中部経済産業局、東海総合通信局、愛知学長懇話会、社団法人愛知県専修学校各種学校連合会、社団法人中部経済連合会、名古屋商工会議所、財団法人中部産業・地域活性化センター、社団法人愛知県情報サービス産業協会、社団法人愛知広告協会、社団法人愛知県観光協会、中部映像関連事業社協会、財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)

申込方法

 参加ご希望の方は、12月11日(金)までに、FAX、郵送又は電子メールにて、所属・所属住所・氏名・連絡先(電話番号又はメールアドレス)をご記入の上お申込みください。定員を超過しない限り、特段ご連絡いたしませんので、当日会場へお越し下さい。

参加申込用紙

申込み・問合せ先

愛知県産業労働部新産業課情報通信グループ
〒460-8501 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1-2
電話:052-954-6347 FAX:052-954-6977
e-mail:shin-san@pref.aichi.lg.jp

(参考)「第3回 愛知デジタルコンテンツ コンテスト」応募要項(概要)

1 開催趣旨
「第3回 愛知デジタルコンテンツ コンテスト」は、愛知の未来を担う若い才能の発掘を目的として開催するものです。

2 応募資格
(1) 平成22年3月末日現在、30歳以下(昭和54年4月1日以降生まれ)であること。
(2) 平成21年8月1日現在、愛知県内に在住・在職、もしくは愛知県内の教育機関(大学、専門学校、高等学校など)に在学していること。

3 応募対象
コンピュータグラフィックス技術などを用いて制作したデジタルコンテンツ作品(静止画又は動画)
(1) 静止画
ポスター、イラストなど(1枚の画像作品、又は4枚以内の連作画像)
 静止画のテーマは愛知県の地域産業資源を活用したもの
(2) 動画
CGムービー、アニメーション、ゲームなど(3分以内の作品)
 動画のテーマは自由課題

4 応募期間
平成21年8月3日(月)から平成21年9月30日(水)まで。

5 審査方法
(1) 予備審査
学識審査員により30作品(静止画、動画それぞれ15作品)程度に受賞候補作品を絞りこみます。
(2) 公開審査
学識審査員と一般参加者(審査希望者)により受賞候補作品の審査を行い、受賞作品を選定します。

6 学識審査員(順不同)
安田 孝美 (名古屋大学大学院情報科学研究科 教授)
北原 聡 (立命館大学映像学部 教授)
近藤 耕司 (株式会社パーム 代表取締役)
清水 薫樹 (サン電子株式会社Gセクション 部門長)
越後谷 卓司 (愛知県文化情報センター 主任学芸員)
高須 恭夫 (愛知県産業労働部新産業課 課長)

(参考) 「第3回 愛知デジタルコンテンツ コンテスト」応募状況

応募作品内訳

静止画(愛知県の地域産業資源を活用した作品) 76作品
動画(自由課題:3分以内) 33作品
合計 109作品

応募者内訳
(男女別)
男性 43人
女性 66人

(年齢別)
20歳以下 48人
21~25歳 58人
26~30歳   3人

問合せ

愛知県 産業労働部 新産業課
情報通信グループ
担当:古池、松浦
電話:052-954-6347
内線:3380、3381
E-mail: shin-san@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)