ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > ロボットシンポジウム2010名古屋の参加者を募集します(終了しました)

ロボットシンポジウム2010名古屋の参加者を募集します(終了しました)

平成22年10月6日(水曜日)発表

平成22年10月18日(月曜日)変更発表 基調講演の講師変更

ロボットシンポジウム2010名古屋の参加者を募集します

 高齢化社会を迎え、活力ある豊かな社会を実現するためには、高齢者の身体機能の衰えによる日常生活の負担軽減や低下した身体機能の回復、労働人口の高齢化に対する作業支援など、多様な場面でヒューマンサポートを行う次世代ロボットの活躍が期待されています。

 このたび、「期待される介護・福祉ロボットの研究・開発の現状と将来」をテーマに、最先端・最新技術情報についての情報交換や技術交流を促進する「ロボットシンポジウム2010名古屋」を開催しますので、参加者を下記のとおり募集します。

行事名

ロボットシンポジウム2010名古屋

○日時

 平成22年10月27日(水)午後1時30分から午後7時まで

○会場

 ナディアパーク デザインセンタービル3階 デザインホール (名古屋市中区栄三丁目18-1)

開催案内・概要(PDF)

主催

ロボットシンポジウム2010名古屋実行委員会

(構成:愛知県、名古屋市、公益財団法人栢森情報科学振興財団、財団法人人工知能研究振興財団、財団法人名古屋産業振興公社、ヒューマンロボットコンソーシアム)

後援(予定)

経済産業省中部経済産業局、社団法人中部経済連合会、名古屋商工会議所

参加料

無料

申込方法

官製はがき、ファックス又は電子メールにて所属、氏名、住所のほか、交流会への出欠の有無も併せてご記入の上、お申し込みください。先着順で受付け、定員は250名。

参加申込書(Word)

申込み・問合せ先

ヒューマンロボットコンソーシアム事務局

〒461-0011 名古屋市東区白壁3丁目12‐13 中産連ビル本館3階

財団法人人工知能研究振興財団内

電話 052‐932-8951

ファックス 052‐932-9158

E-mail robot@robotconso.jp

ホームページ http://www.robotconso.jp

シンポジウムの概要

  ロボット技術は、機械・電子制御・情報・素材等日本が得意とする技術の集大成であり、省エネ技術や新エネルギー、新素材の開発へとつながり、その産業は、裾野の広さと市場規模の大きさからポスト自動車産業としての成長に大きな期待がかけられています。

 特に、産業用ロボットのスマート化をはじめ、福祉、医療、ホームオートメーション、農林水産、運輸サービスなど非製造業分野への応用に大きな期待がかけられ、また地震、風水害、火災に対して救援、救助等防災への活用も期待されているだけでなく、サイバー空間に参入したコミュニケーションロボットの新分野が展開されています。

 当地域では次なるリーディング産業の芽となるべき、人間を強く意識した知能ロボットの育成に産・学・行政が連携して取り組んでおります。

 こうした取り組みの中、昨年度は「ストロングAI&ネオロボティクス国際シンポジウム2009名古屋」を開催したことに引き続き、本年も、国内トップクラスの専門家と当地域のロボット関連研究者、中小企業者との間の最先端・最新の情報交換や技術交流を促進し、知能ロボット産業の新たな展開・活性化に資することを目的としてロボットシンポジウムを開催いたします。

テーマ

期待される介護・福祉ロボットの研究・開発の現状と将来

プログラム

13:30~13:35 開会あいさつ

ヒューマンロボットコンソーシアム会長

ロボットシンポジウム2010名古屋実行委員会委員長

福村 晃夫 氏

13:35~14:35 基調講演

「産学共同によるロボット研究開発とハンドリハビリテーションシステムへの応用」

講師 岐阜大学工学部 人間情報システム工学科 教授

    川崎 晴久 氏

※都合により、基調講演の講師が変更になりました

14:35~15:35 特別講演

「人体損傷評価技術を用いた介護・福祉ロボットの安全性評価」(仮題)

講師 独立行政法人国立長寿医療研究センター

    長寿医療工学研究部生活支援機器開発研究室 室長

    伊藤 安海 氏

15:50~16:50 事例発表 1

「次世代スマート介護ステーションを目指した介護・リハビリロボットシステムの研究」

講師 豊橋技術科学大学 工学部

    機械工学系・系長 ロボットセンター・センター長 教授

    寺嶋 一彦 氏

16:50~17:50 事例発表 2

「ロボット技術を応用した移動・移乗支援機器開発」

講師 独立行政法人産業技術総合研究所

    知能システム研究部門フィールドロボティクス研究グループ 研究グループ長

    松本 治 氏

18:00~19:00 交流会

問合せ

愛知県 産業労働部 新産業課
情報通信グループ
担当:古池、木村
電話:052-954-6347
内線:3381、3380
E-mail: shin-san@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)