ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 創出・育成・振興 > 「ロボットシンポジウム2011名古屋」の参加者を募集します(終了しました)

「ロボットシンポジウム2011名古屋」の参加者を募集します(終了しました)

平成23年10月21日(金曜日)発表

平成23年10月24日(月曜日) 「健康長寿ロボットセミナー」の開催案内・概要(PDF)を追加

「ロボットシンポジウム2011名古屋」の参加者を募集します

 少子高齢社会を迎え、私たちの暮らしや介護福祉において手助けをしてくれる生活支援ロボット、コミュニケーションロボット、介護支援ロボットなどの次世代ロボットの活躍が期待されています。

 このたび、「暮らしを支えるロボット開発の現状と将来」をテーマに、この地域の大学や企業を始め、興味のある方々に向けて次世代ロボットに関する最先端・最新技術についての情報交換や技術交流を目的に「ロボットシンポジウム2011名古屋」を開催します。

 また、分科会として、「健康長寿ロボットセミナー」を開催し、介護福祉分野の次世代ロボットの開発メーカーや介護福祉事業者による講演を通じ、開発者、利用者双方の意見交換や交流を図っていただける場といたします。

 皆様のご参加をお待ちしています。

行事名

ロボットシンポジウム2011名古屋

○日時

 平成23年11月15日(火)午後1時30分から午後7時30分まで

○会場

 ナディアパーク・国際デザインセンタービル (名古屋市中区栄三丁目18-1)

開催案内・概要(PDF)

主な内容

「ロボットシンポジウム2011名古屋」、「健康長寿ロボットセミナー」概要
 ロボットシンポジウム2011名古屋 健康長寿ロボットセミナー 
会場 デザインホール(3階) プレゼンテーションルーム(6階) 

講演内容/講師 

●基調講演(13:45~)

・「少子高齢社会のロボット」

 東京大学大学院 情報理工学系研究科  教授 東京大学IRT研究機構 機構長 下山勲氏

●特別講演(14:50~)

・「生活支援ロボット市場化への課題」

 名古屋大学大学院 工学研究科 教授 山田陽滋氏

●事例発表(16:00~)

・「付き添いロボットの研究開発」

 豊橋技術科学大学 情報・知能工学系 教授  三浦純氏

・「高齢者の心のストレスを軽減するロボットの開発」

 中京大学 情報理工学部 准教授 加納政芳氏

・「人間共生ロボットの研究開発」(仮)

 (株)日立製作所 日立研究所機械研究センター 輸送システム部先端ロボティクスユニット 主任研究員 山本健次郎氏

●交流会(18:15~19:30)、機器展示

●講演(15:00~18:10)

・「介護支援ロボット RIBA‐IIの開発」

 (独)理化学研究所 理研‐東海ゴム人間共存ロボット連携センター ロボット実用化研究開発チームリーダー(東海ゴム工業株式会社担当次長) 郭士傑氏

・「ロボット技術を生活・福祉サービスに活かすために」

 (株)ニチイ学館 執行役員 伊藤健三氏

・「下肢麻痺者用の歩行補助ロボットWPALの開発」

 アスカ(株) 参与 開発本部 部長 武満知彦氏

※開発者・利用者(介護福祉関係者など)の講演を実施。双方の意見交換・交流を促します。

「健康長寿ロボットセミナー」開催案内・概要(PDF)

主催

ロボットシンポジウム2011名古屋実行委員会

(構成:愛知県、名古屋市、公益財団法人栢森情報科学振興財団、財団法人人工知能研究振興財団、財団法人名古屋産業振興公社、ヒューマンロボットコンソーシアム)

後援(予定)

経済産業省中部経済産業局、社団法人中部経済連合会、名古屋商工会議所

参加料

無料

申込方法

官製はがき、ファックス又は電子メールにて所属、氏名、連絡先のほか、健康長寿ロボットセミナーへの参加、交流会への出欠の有無も併せてご記入の上、お申し込みください。先着順に受付けます。定員は250名。

参加申込書(Word)

申込期限

平成23年11月10日(木)まで

申込み・問合せ先

ヒューマンロボットコンソーシアム事務局

〒461-0011 名古屋市東区白壁3丁目12‐13 中産連ビル本館3階

財団法人人工知能研究振興財団内

電話 052‐932-8951

ファックス 052‐932-9158

E-mail robot@robotconso.jp

ホームページ http://www.robotconso.jp

問合せ

愛知県 産業労働部 新産業課
情報通信グループ
担当:古池、木村
電話:052-954-6347
内線:3381、3380
E-mail: shin-san@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)