ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > しごと・産業 > 愛知のものづくり > 産業・科学技術 > 平成25年度の愛・地球博記念公園での次世代ロボットの実証実験を募集します(終了しました)

平成25年度の愛・地球博記念公園での次世代ロボットの実証実験を募集します(終了しました)

平成25年度の愛・地球博記念公園での次世代ロボットの実証実験を募集します(終了しました)

 高齢化を背景に、人の生活をサポートする次世代ロボットは、次世代産業の一つとして成長が期待されています。2005年の愛知万博では、多数の次世代ロボットが披露され、現在も当地の大学や企業等において製品化に向けた開発が進められているところです。

 次世代ロボットが製品化・市場化されるためには、そのロボットの導入が想定されている実環境での実験や一般の方による操作性の評価実験などが重要で、そこで得られた課題をもとに改良を進めるとともに、利用者のニーズを見極めることが求められます。

 そこで、本県では、昨年より、移動支援ロボットや災害対応ロボット、サービスロボットなどの実証実験を希望する県内・外の企業、大学、研究機関などに対し、愛・地球博記念公園を実証実験の場として提供するとともに、その実験内容や安全方策等に係る有識者からの助言を併せて行うことにより、次世代ロボットの製品化・市場化を支援しています。

 このたび、平成25年度の実証実験の募集を開始しますので、愛・地球博記念公園を次世代ロボットの実証実験の場として是非ご活用ください。

募集対象

 移動支援ロボットや災害対応ロボット、サービスロボットなどの実証実験を希望する県内・外の企業、大学、研究機関など。

実施場所・施設

 愛・地球博記念公園内(地球市民交流センター、総合案内所付近、大芝生広場、愛・地球博記念館、幅広道路、野球場、その他)。

 その他の場所での実施をご希望の場合は、別途、ご相談ください。

 なお、有料施設につきましては、実験実施者による費用負担が必要です。

実証実験実施日・期間

 平成26年3月31日(月)までの愛・地球博記念公園の開園日。期間については、実施内容に応じて申請をお願いします。

提出物

 実証実験申請書 5部(正1部 副4部)

 上記電子データ 一式

 ※郵送又は持参により、下記の申込み先までご提出ください。

応募期間

 申請書は、平成26年1月31日(木)午後5時まで受け付けます。

 実証実験を希望する日・時期の概ね一か月前までに申請書をご提出ください。

審査方法

(1)実証実験申請書の提出

   実証実験を希望する日の概ね一か月前までに申請書の提出。

(2)審査会の開催(ヒアリング)

   実証実験申請書を基に、実施内容、安全方策等について、応募者からのヒアリングの実施。

  ※審査会の開催日時については、応募者と日程調整の上、決定します。

(3)審査結果の通知

   有識者による助言も含め、審査会の結果通知書の送付。

(4)実証実験の実施

   実施許可書に基づく実施(事前に公園管理者と詳細な打合せせが必要です。)。

(5)実証実験結果報告書の提出

   報告書(実験により得られた成果や実証実験中に生じたヒヤリハットなど)の提出。

その他

 詳細は、「次世代ロボット実証実験(愛・地球博記念公園)応募要項」をご覧ください。

実証実験応募要項、申請書様式等

問い合わせ先・申込み先

 愛知県産業労働部産業振興課 次世代産業室 次世代産業第二グループ

  電話 052-954-6352(ダイヤルイン)

  FAX 052-954-6943

  メールアドレス jisedai@pref.aichi.lg.jp

問合せ

愛知県 産業労働部
産業振興課 次世代産業室
次世代産業第二グループ
担当:都筑、木村
電話:052-954-6352(ダイヤルイン)
内線:3395、3396
ファックス:052-954-6943
E-mail: jisedai@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)