ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課次世代産業室 > 【知事会見】2021年度自動運転実証実験の実施について

【知事会見】2021年度自動運転実証実験の実施について

2021年度自動運転実証実験の実施について ~社会実装可能なビジネスモデルの構築を目指して~

 愛知県は、全国に先駆けて2016年度から自動運転の実証実験を積み重ね、遠隔監視等の自動走行の技術に加え、商用5G※1、AR(拡張現実)※2等を掛け合わせ、自動運転によるビジネスモデルの構築を進めてきました。

 本年度は、これまでの取組を更に推し進め、交通事業者等が実運行において再現可能かつ持続可能なビジネスモデルの構築を目指し、3地域で実証実験を行います。
 
中部国際空港島では、公道と空港制限エリアにおいて一元的な遠隔監視の下で2台の自動運転バスを同時運行させるほか、モリコロパーク(愛・地球博記念公園)では、リニモの駅から園内目的地までを自動運転車でつなぐことでシームレスな移動の実現を目指します。さらには、名古屋市内では、都心の幹線道路を含むルートにおいて約3か月の自動運転車両の運行を行い、都心での自動運転技術を用いたモビリティサービスの実現を目指します。

1. 実施予定地域等

 以下の3地域(常滑市、長久手市、名古屋市)において実施

モデル類型※3ショーケース※4集客施設都心
実証地域常滑市長久手市名古屋市
中部国際空港島内モリコロパーク鶴舞周辺
道路種別公道と閉鎖空間公道と閉鎖空間公道

実施ルート

(予定)

・第1旅客ターミナルビル~貨物地区(公道)

・第1旅客ターミナル~第2旅客ターミナル(空港制限エリア)

・リニモ公園西駅~公園西口駐車場(公道)

・西エントランス広場~地球市民交流センター方面(公園内)

・名古屋工業大学、JR鶴舞駅、イオンタウン千種の周辺(公道)

実証テーマ

公道と空港制限エリアの同時運行・管理

リニモ駅から園内目的地へのシームレスな移動

都心における自動運転を利用した移動

特徴

貨物地区と空港制限エリアの2ルート1か所の遠隔席から一元管理

早朝・深夜の運行

・遠隔監視において、AIを活用した映像解析※5を利用

路側センサー※6信号協調※7による路車間協調

磁気マーカ※8の活用

・リニモ公園西駅から園内の目的地へ複数台自動運転車を利用したスムーズな送客

運行管制システムにより、利用需要に応じて、複数の走行ルート、運行ダイヤ、配車台数を自動設定し運行

・県交通対策課のMaaS※9実証実験※10との連携

幹線道路を含むルートでの運行

長期間(約3か月)の運行による一般車両との混在交通での自動走行に係る知見蓄積

将来的に、名古屋駅と鶴舞自動運転車で結ぶモビリティサービスへつなげる

○最終的な実証実験ルートや実施時期は、愛知県警察、施設管理者等との調整を経て決定し、改めて発表する。

○今後の状況により、実証実験の内容について変更の可能性あり。

○実証実験実施時は、新型コロナウイルス感染症対策として、消毒・換気等を徹底した上で実施する。

2. 事業実施体制

(1)実証実験

ア ショーケース

  株式会社NTTドコモに事業委託
  同社を幹事会社とする企業グループで事業実施【6社】

企業名主な役割
(株)NTTドコモ事業統括、通信環境構築、5Gを活用したソリューションの提供、車両調達
先進モビリティ(株)自動運転バス車両の提供、走行調律作業の実施
名鉄バス(株)自動運転バスの運行計画の策定・運行
日本信号(株)路車間協調システムの提供
愛知製鋼(株)磁気マーカの提供
シーキューブ(株)磁気マーカの敷設工事の実施
イ 集客施設

  株式会社NTTドコモに事業委託
  同社を幹事会社とする企業グループで事業実施【6社】

企業名主な役割
(株)NTTドコモ事業統括、通信環境構築、5Gを活用したソリューションの提供、車両調達等
アイサンテクノロジー(株)車両の提供、3Dマップ※11の作成
(株)ティアフォー自動運転OS※12(Autoware※13)の運用支援
岡谷鋼機(株)社会実装に向けたアドバイス
損保ジャパン(株)リスクアセスメント
三菱電機(株)運行管制システムの提供
ウ 都心

  WILLER株式会社に事業委託
  同社を幹事会社とする企業グループで事業実施【6社、1大学】

企業名主な役割
WILLER(株)事業統括、将来的なサービスモデルの検討、車両提供等
WILLER EXPRESS(株)自動運転バスの運行計画の策定・運行
名鉄バス(株)自動運転バスの運行計画の策定・運行
ST Engineering自動運転システムの技術面でのサポート
BOLDLY(株)3Dマップの作成、車両設定、自動運転オペレータートレーニング
イオンタウン(株)将来的なサービスモデルの検討
名古屋工業大学ニューノーマルにおける移動を通したコミュニティ形成に関する共同研究

(2)ビジネスモデル調査

  PwCコンサルティング合同会社に事業委託
  実証実験を行う各ルートにおいて、ビジネスモデル調査として、(1)安全性・リスクの分析、(2)事業性の分析、(3)社会的受容性の分析、(4)法的課題の分析、(5)実装に向けたロードマップの作成を行う。

3. 実証車両

以下の車両を使用する。

地域車両イメージ説明

中部国際空港島

小型バス車両
「ポンチョ」

(2台)
ポンチョ

・日野自動車「ポンチョ」をベースとした自動運転車両

磁気マーカシステム※14を活用した自動運転システムを搭載

モリコロパーク公道

タクシー型車両
「ジャパンタクシー」

(1台)

ジャパンタクシー

・トヨタ自動車「ジャパンタクシー」をベースとした自動運転車両

・自動運転OS Autowareにより走行

閉鎖空間(公園内)

カート
(3台)

カート

運行管制システムを検証するため、カート3台を活用

・自動運転OS Autowareにより走行

鶴舞周辺

アルマ
(1台)

アルマ

・仏ナビヤ社製の自動運転用電気自動車

・ハンドル、アクセル・ブレーキペダルなし(手動運転モードでは、ゲーム機のコントローラーを使用

・衛星測位システム※15で自己位置把握、センサーで障害物を検知

用語説明・補足

連番用語説明・補足
※1商用5G通信キャリアがサービスとしてスタートした第5世代移動通信システム。高速・大容量が特徴。
※2AR(拡張現実)"Augmented Reality"の略であり、現実世界の風景にデジタルコンテンツを重畳して表示することにより、情報提供を可能にする技術
※3モデル類型社会実装が見込まれる地域を類型化し、モデルとして県で設定したもの
※4ショーケース最新技術を一般の方等に対して紹介、説明する機会とするもの
※5AIを活用した映像解析AIを活用して監視員のモニター映像を解析し、危険箇所(人や他車)の検出・映像の強調表示等を行う技術。遠隔監視の補助として利用する。
※6路側センサー道路に設置され、車両や歩行者を検知するセンサー
※7信号協調交通信号が変化するまでの時間を自動運転車両に連携し、交通信号の変化に合わせて車両を制御すること
※8磁気マーカ道路に敷設された磁気を発するマーカ
※9MaaS"Mobility as a Service"の略。出発地から目的地までの移動に対し、様々な移動手段・サービスを組み合わせて一つの移動サービスとして捉えるもの。
※10県交通対策課のMaaS実証実験今年度に県交通対策課が実施予定のマルチモーダルサービス導入実証事業。名古屋東部丘陵地域を対象に、MaaSを先導的に実装するにあたって必要なサービス内容や採算性を確保する方策を検討するため、実証実験を実施する。
※113Dマップ自動運転車両の走行経路の設定に用いられる3Dの地図
※12自動運転OS自動運転オーペレーティングシステム」の意味であり、自動運転システムを構成する様々なソフトウェアを統括するソフトウェア
※13Autoware自動運転システム用オープンソースソフトウェア。The Autoware Foundationの登録商標。
※14磁気マーカシステム磁気マーカを、車両に取り付けられた磁気センサーで読み取り、自動運転車両を運行する方式
※15衛星測位システム人工衛星を使用して地上の現在位置を測定するシステム