ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課次世代産業室 > あいちロボット産業クラスター推進協議会
第16回医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ(オンライン開催)の参加者を募集します

あいちロボット産業クラスター推進協議会
第16回医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ(オンライン開催)の参加者を募集します

あいちロボット産業クラスター推進協議会 第16回医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ(オンライン開催)の参加者を募集します

 愛知県では、2014年11月に「あいちロボット産業クラスター推進協議会」を設立し、産学行政が連携してロボットの新技術・新製品を創出する活動を行っています。協議会の3つのワーキンググループのうち、「医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ」では、国立研究開発法人国立長寿医療研究センターの荒井秀典理事長を座長に、医療・介護の現場や生活の場で活用するロボットの開発・実用化を促進する活動を進めています。また、昨年度から、「介護・リハビリ支援ロボット社会実装推進事業」を藤田医科大学に委託して実施しています。

 この度、第16回ワーキンググループをオンラインで開催し、「介護・リハビリ支援ロボット社会実装推進事業」の成果報告をロボット開発企業の取り組み紹介と併せて行います。加えて、藤田医科大学における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する遠隔リハビリテーションの取組についても御紹介しますので、関心のある方は是非御参加ください。

1 行事名

あいちロボット産業クラスター推進協議会 
第16回 医療・介護等分野ロボット実用化ワーキンググループ

2 日時

2021年3月1日(月曜日) 午後1時10分から午後2時50分まで

3 開催方法

オンライン(Cisco Webex Meetings) 

4 参加対象者

あいちロボット産業クラスター推進協議会の会員

※当会員については、ロボットの開発又は利用に関心がある企業や大学、団体等の方々を対象として、現在も入会の募集をしています。
※新規御入会いただいた方も本ワーキンググループに参加いただけます。
※入会方法は協議会Webページを御覧ください。

5 定員 

40名(申込先着順)

6 内容

(1)講演(13時15分~13時25分)

 「介護・リハビリ支援ロボットへの期待と本学の取組」

  藤田医科大学 医学部 リハビリテーション医学I講座 教授

  ロボティックスマートホーム・活動支援機器研究実証センター

  (RSH・AATセンター)センター長 大高 洋平 氏

 (2)講演(13時25分~13時40分)

 「介護・リハビリ支援ロボット社会実装推進事業における取組と成果」

  藤田医科大学 保健衛生学部 リハビリテーション学科 准教授

  RSH・AATセンター 副センター長 田辺 茂雄 氏

(3)講演(13時40分~14時00分)

 「『寄り添いロボット』の取組」

  サンヨーホームズ株式会社

  常務執行役員 ライフサポート事業本部長 細井 昭宏 氏

(4)講演(14時00分~14時20分)

 「『見守り介護ロボット エルミーゴ』の取組」

  株式会社NTTデータ

  課長代理 太田 有香 氏

(5)公開討議(14時20分~14時30分)

 「介護・リハビリ支援ロボットの社会実装に向けて」

  ※参加者との質疑応答

(6)講演(14時30分~14時45分)

 「ロボティックスマートホームの成果活用:COVID-19に対する遠隔リハビリテーション」

  藤田医科大学 医学部 リハビリテーション医学I講座

  准教授 向野 雅彦 氏

7 参加費

無料(通信機器代と通信料は自己負担になります。)

8 申込方法

下記Web又はメールのどちらかの方法にて、お申込みください。

1.Web申込み
 下記URLへアクセスし、必要事項を入力し、送信してください。
 URL:https://www.pref.aichi.jp/ques/questionnaire.php?openid=20

2.メール申込み
 下記項目を御記入の上、メールにてお申込みください。
 <記入いただく内容>
  会社名・会社名(カナ)・所属・役職・氏名・メールアドレス・電話番号
 <申込先>
  jisedai@pref.aichi.lg.jp 

※メールの件名は、「第16回医療介護ロボット実用化WG申込」と記載してください。
※定員超過により申込みをお断りする場合のみ連絡します。
※開催案内チラシは、こちらから。開催案内チラシ [PDFファイル/139KB]

9 申込期限

2021年2月24日(水曜日)

10 注意事項

〇セミナーはCisco Webex Meetingsを使用します。

 事前に接続方法や動作環境を御確認ください。
 ※Cisco Webexヘルプセンター

〇セミナー参加用URLは、申込みされた方へ事前にメールでお知らせします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)