ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 産業振興課次世代産業室 > 「航空機産業製造人材育成研修(第5回)」(最終回)をオンデマンドで配信!受講者を募集します!

「航空機産業製造人材育成研修(第5回)」(最終回)をオンデマンドで配信!受講者を募集します!

「航空機産業製造人材育成研修(第5回)」(最終回)をオンデマンドで配信!受講者を募集します!

 愛知県が中心となり、名古屋市始め地域の行政、支援機関及び大学で構成する「あいち・なごやエアロスペースコンソーシアム」※(以下、コンソーシアム)では、当地域における航空宇宙産業の継続的な発展に向け、今年度から新たに、地域一体となって生産現場の技術者を始めとした、航空宇宙産業に関わる各階層の人材育成を体系的に実施していくこととしています。
 この度、この取組の一環として、コンソーシアムの構成員でもある中部大学と連携し、サプライヤー企業の国際競争力向上を目的とした、必要とされる生産体制の構築、生産技術や品質保証、最新技術等に関する「航空機産業製造人材育成研修(第5回)」をオンデマンドで配信します。今回は航空機製造における複合材や治具の概要等について講演いただきます。
 また、ネット会議システムを用いて、オンライン懇談会も行います。
 航空機産業に御関心がある企業の皆様の御参加をお待ちしています。

航空機産業製造人材育成研修

(1)オンデマンド配信
  配信期間:2021年1月11日(月曜日)から1月22日(金曜日)まで
  詳細:YouTubeでのオンデマンド配信
(2)オンライン懇談会
  日時:2021年1月29日(金曜日)午後3時から午後3時30分まで
  詳細:ネット会議システム(Zoomを予定)を使用して、講師の方々への質問や懇談の場を御用意します。

対象者

航空機製造関連企業又は航空機分野に参入を予定している企業の従業員

カリキュラム

 
講義視聴時間講師・内容
「航空機製造における複合材概要」約60分

川崎重工業株式会社 航空宇宙システムカンパニー 航空宇宙ディビジョン 生産総括部 生産企画部 副部長 

伊藤 俊彦(いとう としひこ)氏

航空宇宙分野において、航空機・人工衛星など構造の軽量化等のメリットから繊維強化プラスチック複合材の適用は益々拡大しています。本講座では、川崎重工業の航空宇宙事業を例にして複合材の特徴やその製造プロセス等航空機製造における複合材の概要について紹介します。

「繊維強化複合材料の切削と切削工具」約60分

オーエスジー株式会社 デザインセンター 開発グループ チーフエンジニア

滝川 義寛(たきがわ よしひろ)氏

炭素繊維複合材CFRPは、その非常に優れた比強度から航空機の軽量化素材として航空機への採用が進んでいます。 しかし複合材の切削加工は難しく、独特の工具や工夫を必要としています。本セミナーでは複合材加工の難しさと特有のトラブル、それらを抑制する工具について紹介します。

「航空機製造における治具概要」約60分

川崎重工業株式会社 航空宇宙システムカンパニー 生産総括部 生産設備部 治工具計画課 課長 

山田 啓二(やまだ けいじ)氏

航空機の製造において、品質を確保し、経済面での有利を図り、スケジュールを厳守する上で重要な役割を担っている専用治工具の概要を説明します。種々の専用治工具の説明と共に、時代による生産技術の進歩によって、その仕様等がいかに変遷したかを紹介します。

*内容等は一部変更になる場合があります。

参加費

無料(通信機器代と通信料は参加者負担)

申込方法

以下のURLから必要事項を入力の上、お申込みください。

申込み・問合せ先

中部大学 工学部 宇宙航空理工学科 教授 鈴木 (すずき)
メール:AstroAero@gs4e.chubu.ac.jp
電話:0568-51-1712(内線:4208)
年末年始12月26日(土曜日)から1月4日(月曜日)までを除く

申込期限

2021年1月7日(木曜日) 

参考

※ あいち・なごやエアロスペースコンソーシアム
 愛知県における航空宇宙産業の継続的な発展を地域が一体となって推進するため、愛知県が中心となり、名古屋市を始め地域の行政、支援機関及び大学で構成され、展示会・商談会への出展支援及び販路開拓支援、人材育成及び確保支援、新規参入・新規分野参入支援等を行う団体。
 (構成機関)
 愛知県(事務局)、名古屋市、一般社団法人中部航空宇宙産業技術センター、公益財団法人あいち産業振興機構、公益財団法人名古屋産業振興公社、中部経済産業局、名古屋商工会議所、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)名古屋貿易情報センター、グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ協議会、名古屋大学、中部大学、愛知県立大学

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)