ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 資源循環推進課廃棄物監視指導室 > 愛知県と愛知県警察の自動車解体業に係る情報共有に関する覚書の締結式について

愛知県と愛知県警察の自動車解体業に係る情報共有に関する覚書の締結式について

2019年9月25日(水曜日)発表

愛知県と愛知県警察の自動車解体業に係る情報共有に関する覚書の締結式について

 愛知県警察は、ヤード(自動車解体の用に供する施設又は場所)における盗難自動車の解体を防止するため必要な規制を行い、自動車の盗難の防止に資するため、2019年7月5日にヤードにおける盗難自動車の解体の防止に関する条例(令和元年愛知県条例第36号。以下「ヤード条例」という。)を公布し、12月1日に施行します。(届出に関する規定については10月1日に施行。)

 これを受けて、使用済自動車の再資源化等に関する法律(平成14年法律第87号。以下「自動車リサイクル法」という。)に基づき、自動車解体業の規制を行っている愛知県環境局と、ヤード条例を所管する愛知県警察本部刑事部は、自動車リサイクル法に基づく無許可営業の早期発見・早期対応及びヤードにおける盗難自動車の解体の防止について連携強化を図るため、情報共有に関する覚書を締結することといたしました。

 覚書の締結式は、下記のとおり行います。

1 日時

  2019年10月2日(水曜日)午後1時20分から午後1時35分まで

2 場所

  所在地:愛知県警察本部 北館 304会議室

3 覚書締結者

  愛知県環境局長 森田 利洋(もりた としひろ)

  愛知県警察本部刑事部長 小林 雅彦(こばやし まさひこ)

4 覚書の概要

 愛知県環境局と愛知県警察本部刑事部との間で、ヤードにおける自動車解体業に係るそれぞれが保有する情報を相互に共有し、生活環境の保全及び盗難自動車の解体の防止に努めるものである。(別紙参照)

 (別紙)愛知県と愛知県警察との自動車解体業に係る情報共有に関する覚書(案)の概要 [PDFファイル/247KB]

5 次第

(1) 覚書の概要説明

(2) 締結者紹介

(3) 覚書の締結

(4) 覚書の披露

(5) 締結者コメント

※締結式に係る質疑応答については、午後3時から愛知県警察本部国際捜査課において対応いたします。

6 覚書

  別添(案)のとおり。

  愛知県と愛知県警察の自動車解体業に係る情報共有に関する覚書(案) [PDFファイル/102KB] 

問合せ

愛知県 環境局 資源循環推進課 廃棄物監視指導室 指導グループ
担当:近藤、西野
内線:3081・3082
ダイヤルイン:052-954-6237

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)