ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 資源循環推進課廃棄物監視指導室 > 「PCB廃棄物処理推進月間」について ~高濃度PCB使用電気工作物・高濃度PCB使用製品・高濃度PCB廃棄物の期限内処理の推進に向けて~

「PCB廃棄物処理推進月間」について ~高濃度PCB使用電気工作物・高濃度PCB使用製品・高濃度PCB廃棄物の期限内処理の推進に向けて~

 東海4県内における高濃度PCB使用の変圧器・コンデンサー等については、2022年3月31日までが処分期間となっており、10月には残り半年となり、期限が迫ってきました。

 このため、東海4県8市注)では、本年10月を「PCB廃棄物処理推進月間」と定め、高濃度PCB廃棄物等の期限内処理について立入検査等により関係事業者を指導するとともに、協力機関(経済団体、電気設備・建設・不動産関係団体、国等)と連携し、未発見の高濃度PCB廃棄物等の有無の確認の指導及び期限内処理に関する啓発活動を行います。

  注)東海4県8市:ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法を所管する県市(3実施機関等を参照

1 目的

PCB廃棄物等の関係事業者への立入検査、協力機関と連携した啓発活動により、PCB廃棄物等の確実かつ適正な処理の推進を図る。

2 実施期間

2021年10月1日(金曜日)から10月31日(日曜日)まで

3 実施機関等

(1)実施機関(東海4県8市)

愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、豊田市、岐阜市、静岡市、浜松市

(2)愛知県内における協力機関(26機関)

愛知県商工会議所連合会、愛知県商工会連合会、一般社団法人中部経済連合会、公益社団法人愛知共同住宅協会、一般社団法人愛知県建設業協会、一般社団法人愛知県産業資源循環協会、公益社団法人愛知県宅地建物取引業協会、一般社団法人愛知県ビルメンテナンス協会、一般社団法人愛知電業協会、公益社団法人全日本不動産協会愛知県本部、一般社団法人中部電気管理技術者協会、中部電気工事業組合連合会、一般財団法人中部電気保安協会、一般社団法人中部不動産協会、NPO法人中部マンション管理組合協議会、一般社団法人日本建設業連合会中部支部、一般社団法人日本電気協会中部支部、公益社団法人日本電気技術者協会中部支部、一般社団法人日本電設工業協会東海支部、一般社団法人日本PCB全量廃棄促進協会、一般社団法人不動産協会中部支部、一般社団法人マンション管理業協会中部支部、中間貯蔵・環境安全事業株式会社、中部経済産業局、中部近畿産業保安監督部、中部地方環境事務所

4 実施内容

(1)実施機関が実施する内容

  ア PCB廃棄物等の関係事業者への立入検査による保管状況の確認、期限内処理の指導等
  イ 関係事業者への未発見の高濃度PCB廃棄物等の有無の確認の指導
  ウ 協力機関に対する会員への周知依頼、啓発ちらしの提供等
  エ 啓発ちらし『高濃度PCBが使われた電気機器が残っていませんか?』による啓発
  オ インターネット等を利用した啓発

(2)協力機関が実施する内容

  ア インターネット等を利用した啓発
  イ 啓発ちらしの配布、メールの送信等による会員への周知
  ウ 中部地方環境事務所によるテレビCM「PCB廃棄物の期限内の処分をお願いします」の実施
  エ 経済産業省・環境省による説明会「PCB廃棄物の適正な処理促進に関する説明会」(10月1日(金曜日)、名古屋市公会堂)の実施(詳細については、説明会のWebサイトをご覧ください。https://www.pcb2021.go.jp/)

参考

1 PCBとは

 PCBとはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、人工的に作られた、 主に油状の化学物質です。PCBの特徴として、水に溶けにくく、沸点が高い、熱で分解しにくい、不燃性、電気絶縁性が高いなど、化学的にも安定な性質を有することから、電気機器の絶縁油、熱交換器の熱媒体、ノンカーボン紙など様々な用途で利用されていましたが、毒性が高いことから、現在は製造・輸入ともに禁止されています。

2 PCB使用機器

 PCBが使用された代表的な電気機器等には、変圧器(トランス)やコンデンサー、安定器があります。変圧器とは電圧を変える装置であり、コンデンサーとは電気を一時的に蓄える、電圧を調整する、位相を変化させる、といった効果を持つ装置です。
 PCBが含まれている変圧器やコンデンサーは、古い工場やビル等で使用されており、安定器は古い工場や学校等の蛍光灯等に使用されていました。なお、工場や学校などの施設に使用されていた蛍光灯が対象で、一般家庭の蛍光灯にPCBを使用したものはありません。
 また、受電設備の電気機器以外にも、1980年までに製造・販売されたX線発生装置、溶接機、昇降機(エレベーター・エスカレーター)制御盤には高濃度PCBを含むコンデンサー等が組み込まれているものがあります。
変圧器等の画像
  ※ 通電中の電気機器は感電の恐れがあり大変危険です。必ず電気主任技術者に御連絡ください。

3 PCBの毒性

 PCBが大きく取りあげられる契機となった事件として、昭和43年に発生したカネミ油症事件があります。カネミ油症は、昭和43年10月に、西日本を中心に、広域にわたって発生した、米ぬか油による食中毒事件です。症状は、吹出物、色素沈着、目やになどの皮膚症状のほか、全身倦怠感、しびれ感、食欲不振など多様です。

4 高濃度PCB廃棄物の処理

 高濃度PCB廃棄物は、国が全額出資している中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO(ジェスコ))が全国5か所のPCB処理事業所において、処理対象区域を割り当てて進めています。東海4県の高濃度PCB変圧器・コンデンサー等はJESCO豊田で、安定器及び汚染物等はJESCO北九州で処理しています。
 なお、JESCO北九州において処理される県内の安定器及び汚染物等については、2021年3月末に処分期間が終了しています。万が一、PCBが使用された安定器等が発見された場合は、至急、PCB特措法を所管する各県市まで御連絡ください。

JESCOのPCB処理事業所及び処理対象区域

ジェスコの区域図
変圧器・コンデンサー等の処分期間

啓発ちらし

詳しくはこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)