ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 愛知県分別収集促進計画(第5期)を策定しました

愛知県分別収集促進計画(第5期)を策定しました

平成19年9月19日(水曜日)発表

愛知県分別収集促進計画(第5期)を策定しました

 大量消費、大量廃棄型の社会から資源循環型の社会へと転換し、ごみの減量化や再資源化を推進するため、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律(以下「法」という。)」第9条第1項の規定に基づき、「愛知県分別収集促進計画(第5期)」を策定しました。

 この計画は、ペットボトルやアルミ缶など容器包装廃棄物10品目の分別収集・再商品化を促進するため、市町村の分別収集計画量の積み上げや、促進に関する事項を内容としたもので、学識者を始め、業界団体や市町村の代表などを構成員とする「愛知県分別収集促進計画策定検討会」の意見を踏まえて作成したものです。

 なお、この計画は、9月20日(木)より愛知県環境部資源循環推進課及び中央県民生活プラザにて、また、県環境部ホームページ「あいちの環境」でも閲覧可能です。

     (http://www.pref.aichi.jp/kankyo/kansei-ka/keikaku/index.html)

1 計画の目的等

 この計画は、法の規定に基づき市町村が策定した「市町村分別収集計画(第5期)」の内容を踏まえて、県内における容器包装廃棄物の分別収集・再商品化を促進するために県が策定するもので、平成8年度に第1期計画を策定して以来、今回の計画が第5期となるものです。

2 計画の期間

 平成20年度から平成24年度までの5年間で、法の規定に基づき3年ごとに向こう5年間の計画を策定します。

3 計画市町村数割合の推移

 分別収集計画のある市町村の割合は、無色ガラスなどの6品目で既に100%を達成し、これまで割合の低かった「その他の紙製容器包装」については44%から75%に、「プラスチック製容器包装」についても61%から95%と順調に増加しています。
計画市町村数割合の推移
品      目区分9年度12年度15年度18年度20年度21年度22年度23年度24年度
特定分別基準適合物無色のガラス製容器市町村数798185726363636363
割合(%)909298100100100100100100
茶色のガラス製容器市町村数778185726363636363
割合(%)889298100100100100100100
その他のガラス製容器市町村数798085726363636363
割合(%)909198100100100100100100
その他の紙製容器包装市町村数3951464444444747
割合(%)4459647070707575
ペットボトル市町村数458187726363636363
割合(%)5192100100100100100100100
プラスチック製容器包装市町村数5470645556576060
割合(%)6180898789909595
法第2条第6項で
定める物
スチール缶市町村数878887726363636363
割合(%)99100100100100100100100100
アルミ缶市町村数888787726363636363
割合(%)10099100100100100100100100
段ボール市町村数6481706262626262
割合(%)7393979898989898
紙パック市町村数617282706262626262
割合(%)698294979898989898
県内市町村数888887726363636363

4 分別収集の促進に関する事項

 ・ 3Rの推進を図り、発生抑制を第一に環境教育などを推進します。

 ・ 市町村における廃棄物処理の事業コスト分析や評価を行う「一般廃棄物会計基準」などに基づき、効率的な分別収集・再商品化を促進します。

 ・ 簡易包装やレジ袋削減・マイバッグ利用などの取組を推進します。

5 その他

 本文中の語句の解説やトピックス、犬山市のプラスチック製容器包装の分別収集などの県内市町村等の先進的な取組事例について、最新の情報を掲載しました。

愛知県分別収集促進計画(第5期)概要

問合せ

愛知県環境部資源循環推進課
一般廃棄物グループ
担当 堀込、中村
内線 3076・3077
(ダイヤルイン)052-954-6234

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)