ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 衣浦港3号地廃棄物最終処分場の一部供用を開始します

衣浦港3号地廃棄物最終処分場の一部供用を開始します

 本県では、名古屋港南5区廃棄物最終処分場に替わる新たな公共関与の廃棄物最終処分場として、財団法人愛知臨海環境整備センター(アセック)に委託して、知多郡武豊町地先に「衣浦港3号地廃棄物最終処分場」の整備を進めてまいりましたが、来たる7月28日(水)から、その一部供用を開始いたします。

 今回の供用開始は、安定型区画(がれき類やコンクリートくず等を受け入れる区画)と管理型区画(燃え殻やダスト類等を受け入れる区画)のうち、安定型区画のみの供用開始となり、管理型区画については、平成23年1月頃の供用開始を予定しおります。

 また、8月6日(金)には、処分場現地において、アセックの主催による開所式が開催されます。

 なお、「衣浦港3号地廃棄物最終処分場」及び「開所式」の概要等については、下記のとおりです。

衣浦港3号地廃棄物最終処分場の概要

(1) 埋立面積:約47.2ha

(2) 容  積:約521万立法メートル(覆土を除く。)

(3) 受入廃棄物:民間事業者などの産業廃棄物(有害物質を除く。)

        市町村の一般廃棄物(焼却残さ)

  《受入廃棄物の種類》

   ○安定型区画:がれき類、コンクリートくず・ガラスくず及び陶磁器くず、

          廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず

   ○管理型区画:燃え殻、ダスト類、自動車等破砕物、無機性汚泥、鉱さい、

          第13号廃棄物(※)、市町村の一般廃棄物(燃え殻、ばいじん、

          溶融スラグ)

          (※)廃棄物処理法施行令第2条第13号に規定する廃棄物で、

             産業廃棄物を処分するために中間処理したもの。

(4) 受入地域:県内全域

(5) 廃棄物処理業者(事業主体)

 ア 所在地:知多郡武豊町字三号地1番地

 イ 名 称:財団法人愛知臨海環境整備センター〔略称:アセック〕

 

 

開所式の概要

(1) 日程:平成22年8月6日(金)午前10時

(2) 場所:衣浦港3号地廃棄物最終処分場(知多郡武豊町字三号地1番地)

(3) 主催:財団法人 愛知臨海環境整備センター

(4) 出席予定者:国関係者、知事、県議会関係者、地元市町村関係者等

(5) 内容:式辞、工事経過報告、来賓祝辞、搬入等

問合せ

愛知県 環境部 資源循環推進課
調整・広域処分グループ
担当:大林、石上
電話:052-954-6232(ダイヤルイン)
内線:3070、3072