ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 資源循環推進課 > 「ごみゼロ社会推進あいち県民会議」が環境省主催の「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」において優秀賞を受賞しました

「ごみゼロ社会推進あいち県民会議」が環境省主催の「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」において優秀賞を受賞しました

「ごみゼロ社会推進あいち県民会議」が環境省主催の「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」において優秀賞を受賞しました

 愛知県では、公衆衛生、環境の保全、資源の有効利用の促進を図ることを目的に、「ごみゼロ社会推進あいち県民会議」を1993年に設立し、消費者、事業者、行政が相互に連携しながら、一体となってごみゼロ社会の形成を推進するための活動を行っています。

 本日、同県民会議が環境省主催の「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」において、優秀賞を受賞しましたので、お知らせします。

1 「みんなで減らそうレジ袋チャレンジ」について

(1)目的

レジ袋有料化をきっかけに、プラスチックごみ問題について考え、マイバッグを持参してレジ袋を断ることが当たり前になるライフスタイルへの変革を目指すキャンペーンにおいて、特に顕著な取り組みを行った企業・自治体・団体を表彰する。

(2)主催者等

主催:環境省
共催:日本経済新聞社

(3)賞の種類

  ア 最優秀賞(各部門※につき1件の計4件)

  イ 優秀賞(10件)

     ごみゼロ社会推進あいち県民会議(自治体・団体部門)

  ウ 特別賞(1件)

    ※企業部門、自治体・団体部門、普及啓発部門、独創性部門

(4)表彰式

日時:2020年12月9日(水) 午後1時から3時45分まで
場所:日経ホール(東京都千代田区大手町1-3-7)

(5)その他

詳細はレジ袋チャレンジのWebページをご覧ください。

http://plastics-smart.env.go.jp/rejibukuro-challenge/

 

2 「ごみゼロ社会推進あいち県民会議」について

(1)目的

公衆衛生、環境の保全、資源の有効利用の促進を図ることを目的に、消費者、事業者、行政が相互に連携しながら、一体となってごみゼロ社会の形成を推進するため、1993年に設立した。

(2)構成

会長:愛知県知事
会員:事業者団体、消費者団体、女性団体、県内市町村等112団体

(3)主な活動内容

  • 2007 年度に創設した「レジ袋削減取組店制度」において、レジ袋辞退率50%以上を目標にした県内の小売店を登録し、特に顕著な実績を収めている小売店を表彰
  • プラスチックごみゼロに向け、「捨てない」、「減らそう」、「変(替)えよう」の3つの柱のもと、消費者、事業者、行政が一体となって取り組む、「あいちプラスチックごみゼロ宣言」を発表し、県内全域での取組を促進
  • ごみゼロ社会の形成に向けて、3Rの重要性を周知するため、1994年度から「ごみゼロ社会推進あいち県民大会」を開催
  • 会員の知識の習得等を目的に研修会や課題別部会を開催

(4)その他

詳細はごみゼロ社会推進あいち県民会議のWebページを御覧ください。

https://www.pref.aichi.jp/kankyo/sigen-ka/ippai/gomizero/