ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 資源循環推進課 > 令和3年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰における内閣総理大臣賞の受賞及び知事への表敬訪問について

令和3年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰における内閣総理大臣賞の受賞及び知事への表敬訪問について

令和3年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰におけるにおける内閣総理大臣賞の受賞及び知事への訪問について

 リデュース・リユース・リサイクル推進協議会※1では、3Rに率先して取り組み、顕著な実績を挙げている団体等に対し、「リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰」※2を実施しています。

 この度、2017愛知環境賞※3を受賞した「ヤマダインフラテクノス株式会社※4」が、令和3年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰の最上位である内閣総理大臣賞を受賞いたしました。

 また、受賞の報告をするため、2021年11月17日(水曜日)に知事を表敬訪問しますので、お知らせします。

 ※1 限りある資源を大切にし、かけがえのない地球を環境悪化から守るため、広く国民に対し、リデュース・リユース・リサイクルの推進に関する啓発普及を行うことにより、国民経済の健全な発展に寄与することを目的として1991年3月に設立された団体(東京都千代田区・会長 細田(ほそだ)衛士(えいじ)氏)です。

 ※2 3Rに率先して取り組み、継続的な活動を通じて顕著な実績を挙げている者を表彰することにより、これらの活動を奨励し、もって循環型社会の形成推進を図るもので、1992年度から実施されています。令和3年度の詳細は、下記のURLを御覧ください。
   https://www.3r-suishinkyogikai.jp/commend/jisseki/jisseki_r03/

 ※3 資源循環や環境負荷の低減を目的とした、先駆的で効果的な<技術・事業><活動・教育>の事例を、企業、団体等から募集し、優れた事例に対して表彰を行うとともに、広く紹介することによって、循環型社会の形成を促進するもので、2004年度から愛知県が実施しています。

 ※4 業種:建設業、創立年月日:1953年1月、資本金:2,000万円、従業員数:120名、事業内容:塗装工事, ブラスト工事, コンクリート表面処理工事, 剥落(はくらく)対策工事

1 受賞について

(1)受賞者

 ヤマダインフラテクノス株式会社(東海市名和町・代表取締役 山田(やまだ)博文(ひろふみ)氏)

(2)賞の種類

 内閣総理大臣賞

(3)受賞テーマ

 研削材(けんさくざい)を何度も再使用し、産業廃棄物の発生を最小限に抑制する環境配慮型ブラスト工法

(4)内容

 ヤマダインフラテクノス株式会社では、鋼橋の塗装塗替え工事における産業廃棄物の発生を最小限に抑制する工法を開発しました。

 従来の鋼橋の塗装塗替え工事では、研削材と呼ばれる小さな硬い粒を噴射することで、劣化した塗装や錆を剥がしますが、1度使用された研削材は産業廃棄物として処理されていました。

 こうした中、ヤマダインフラテクノス株式会社が開発した「循環式エコクリーンブラスト工法」では、研削材を何度も再利用することが可能となり、産業廃棄物の発生を最小限に抑制することに成功しました。

(5)その他

 本年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、表彰式は実施されません。

2 知事表敬訪問について

(1)日時

 2021年11月17日(水曜日)午前9時45分から午前10時00分まで

(2)場所

 愛知県公館

(3)訪問者

 ヤマダインフラテクノス株式会社代表取締役 山田博文氏 ほか4名