ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 資源循環推進課 > 愛知県の家庭系食品ロス量の調査結果と食品ロスに関して楽しく学べる環境学習プログラムの作成についてお知らせします

愛知県の家庭系食品ロス量の調査結果と食品ロスに関して楽しく学べる環境学習プログラムの作成についてお知らせします

愛知県の家庭系食品ロス量の調査結果と食品ロスに関して楽しく学べる環境学習プログラムの作成についてお知らせします

 まだ食べられるにもかかわらず捨てられてしまう食品、いわゆる「食品ロス」は、家庭や企業などから、日本国内で1年間に600万トン以上の発生があり、国民一人ひとりが削減に向けて取り組むべき重要な課題となっています。
 愛知県では、地理的なバランスを考慮し、県内の6市において家庭系食品ロス量を調査しましたので報告します。
 また、食品ロスの削減のため、小学校の授業等で使える環境学習プログラム「学ぼう!へらそう!「食品ロス」~大切な食べ物を、おいしく食べきるために~」(小学生(中・高学年程度)対象)を作成しました。
 是非、小学校の授業を始め、様々な環境学習の機会に御活用ください。

1 家庭系食品ロス量調査について

(1)調査概要

ア 調査市:豊橋市、岡崎市、一宮市、半田市、春日井市及び豊田市
イ 方法:環境省「家庭系食品ロスの発生状況の把握のためのごみ袋開袋調査手順書」による
<主な手順>
・夏季(8、9月)及び冬季(11、12月)の2回
・4つの代表的な地域(新興住宅地、既存市街地、集合住宅地及び農家地区)の家庭から排出される可燃ごみ(生活系可燃ごみ)を採取
・各地域約100kgのごみ袋を開袋し、食品ロス等を計量

(2)調査結果

○ 各市の生活系可燃ごみに含まれる食品ロスの割合は、春日井市が最も多く18.8%、豊橋市が最も少なく14.3%でした。(表1)
○ いずれの市においても直接廃棄が最も多く、次いで食べ残し、過剰除去の順でした。(表1)
○ 各地域別では、集合住宅地が最も多く17.3%、既存市街地が最も少なく15.7%でした。(表2)
○ また、夏季と冬季の調査結果を比較すると、夏季15.5%、冬季17.1%であり、冬季においては、過剰除去及び食べ残しの割合が高い結果となりました。(表3)
表1 調査市別の結果(調査した生活系可燃ごみに対する食品ロス等の割合)
表2 地域別の結果
表3 季節別の結果

(3)まとめ

 今回調査した生活系可燃ごみに対する食品ロスの割合の各市の平均は、以下の円グラフのとおりです。
 家庭系食品ロスは、生活系可燃ごみのうち約6分の1(16.2%)でした。
図1 調査市の平均(生活系可燃ごみに対する食品ロス割合)

<参考>県内の家庭系食品ロス量の推計について

 今回、調査を行っていない県内の市町村についても、調査市と同様の分別方法、収集形態と仮定して、調査市の食品ロスの割合と各市町村の生活系可燃ごみの収集量から、県内の家庭系食品ロス量を推計したところ、約21.5万トンとなりました。
 この量を、県民一人一日当たりに換算すると約78g(食パン約1枚)となり、環境省の推計値(約62g※)よりも多い結果となりました。
 ※「平成30年度食品廃棄物の発生抑制及び再生利用の促進の取組に係る実態調査(環境省)」より算出
表4 愛知県における家庭系食品ロス量等

2 環境学習プログラムについて

(1)特徴

○ 小学校の授業で活用しやすいよう、導入(動画)、体験(ボードゲーム)、振り返り(解説動画、ワークシート)から構成されています。
○ 小学校の授業時間に合わせて、所要時間を45分程度にしています。
○ 指導者がプログラムを進めやすいよう、プログラムの流れ、指導のポイント、補足資料等が記載された指導者用マニュアルを作成しました。

(2)プログラムの内容

1)導入(動画)
 始めに約3分の動画(ミニストーリー)を視聴します。
 日常で起こりうる食品ロスの発生の場面を、子ども目線で描写するミニストーリー仕立てとなっており、子供が食品ロスの問題を自分の問題として考えられるような内容となっています。
ミニストーリー
2)体験(ボードゲーム)
 サイコロを振って、コマを移動させ、出題されるクイズや盤面のマスの記載内容により、手持ちの食品ロスカードを増減させるゲームです。
 食品ロスの発生原因や削減方法について、楽しみながら学ぶことができます。
クイズすごろく盤とクイズカード
3)振り返り(動画、ワークシート)
 ボードゲームで体験しながら学んだ食品ロスの発生原因や削減の方法について、約10分の動画(解説編)により復習した後、食品ロス削減のために取り組むべきことを、子供たちが考え、振り返りシートに記載します。
 動画(解説編)は、食品ロスの発生量や発生原因について、情報やデータを視覚的に分かりやすく説明しています。
解説動画 イメージ

(3)プログラムの利用方法

 本日から、愛知県食品ロス削減Webサイトから動画の視聴やボードゲーム等のダウンロードができるほか、動画が収録されたDVD、ボードゲーム等の教材を貸し出します。
 詳しくはWebサイトをご覧ください。