ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 建築局住宅計画課 > 優良再開発型優良建築物等整備事業

優良再開発型優良建築物等整備事業

 この事業は、市街地再開発事業と同様に、土地の共同化や高度化により市街地環境の改善に寄与する事業です。都市再開発法に基づく都市計画事業ではありませんので、都市計画決定や事業認可申請等の手続きは不要となります。市街地再開発事業に比べ一般的に規模の小さい事業ですので、迅速かつ小回りの利く事業といえます。
 この事業は、民間の建築活動ですが、市街地再開発事業と同様の効果をもたらすことから、市街地再開発事業とほぼ同様に補助されます。ただし、補助額は、市街地再開発事業に比べ少なくなります。市町村が補助する場合に、国と県(共同化タイプのみ対象)が補助します。また、公的金融機関から低利な融資を受けることもできます。

→事業のフロー

採択基準

  • 地区面積が、1,000平方メートル以上であること(中心市街地の場合等は概ね500平方メートル以上)
  • 建築物は、原則として地上3階以上の耐火又は準耐火建築物であること
  • 敷地が幅員6m以上の道路に4m以上接すること
  • 一定の空地面積を確保すること

事業種類(代表的なタイプ)

<共同化タイプ>

  • 2人以上の地権者が敷地の共同化を行うもの(地権者が2人の場合は従前に200平方メートル未満又は不整形な土地を含むこと)
共同化タイプ

<マンション建替タイプ>

  • 建築後24年以上を経過したRC造マンション等の建替で道路拡幅、公開空地確保等、周辺市街地整備に寄与し、区分所有者が10人以上で建替決議等がされているもの
マンション建替タイプ

<市街地環境形成タイプ(景観形成型)>

  • 建築協定、地区計画等に基づく壁面の位置の制限、建築物の形態、意匠等に関する制限を受けるもの
市街地環境形成タイプ(景観形成型)

<市街地環境形成タイプ(公共的通路確保型)>

  • 建築物内に公共的通路等を確保又は敷地内の都市計画施設部分を空地として確保するもの
市街地環境形成タイプ(公共的通路確保型)

事業の実績(平成29年4月1日現在)

事業の実績
完了地区
(7市49地区)

大曽根、覚王山、瑞穂通、大曽根A、唐山、城木、大曽根B、大曽根西、名駅二丁目、緑町、瑞穂通A、黒川、代官町、光が丘、栄13番、大曽根中央、小幡三丁目、本願寺、春里、庄内通、本町通、香流西、栄三丁目30番、大曽根駅前、名駅四丁目7番、名駅四丁目27番、名駅四丁目A、葵一丁目19番、名駅四丁目4番南(名古屋市)、広小路、豊橋広小路三丁目B、豊橋広小路二丁目、豊橋広小路三丁目A、豊橋駅前大通一丁目、豊橋東口駅南、豊橋広小路三丁目B-2、豊橋広小路三丁目A-2、豊橋駅前大通三丁目(豊橋市)、シビック交流拠点、岡崎市シビックコア(岡崎市)、桜町第一(豊田市)、刈谷銀座、刈谷銀座D、刈谷銀座E、刈谷南桜町、刈谷東陽町(刈谷市)、西春駅東、西春駅西(北名古屋市)、東海市太田川駅東(東海市)

実施中地区
(2市3地区)

栄一丁目6番(名古屋市)、刈谷銀座AB、刈谷駅北(刈谷市)

問合せ

愛知県 建設部 建築局住宅計画課市街地整備グループ
電話:052-954-6569
E-mail: jutakukeikaku@pref.aichi.lg.jp