ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 住まい > 住宅・建築 > 「第14回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」絵画作品の入賞者を決定しました

「第14回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」絵画作品の入賞者を決定しました

平成30年11月27日(火曜日)発表

第14回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト 絵画作品の入賞者を決定しました

 愛知県では、子供たちが住まいやまちづくりを考える機会として、また、広く県民の皆様に住まい・まちづくりへの関心を高めていただくことを目指して、公益社団法人愛知県建築士事務所協会との共催で、「第14回人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」(平成30年4月11日記者発表済)を実施しています。

 今回は397点の応募があり、審査委員会による審査の結果、以下のとおり入賞者を決定しました。表彰式は、平成30年12月2日(日曜日)にTOTOテクニカルセンター名古屋にて行います。

 なお、入賞作品は、平成31年3月1日(金曜日)から3月17日(日曜日)まで愛知県青年の家において、平成31年3月20日(水曜日)から4月7日(日曜日)まで愛・地球博記念公園花の広場休憩所において展示されますので、是非、御覧ください。

入賞者(敬称略)
氏名学校名学年学級
愛知県知事賞鬼頭 香汰郎名古屋市立昭和橋小学校4年1組
名古屋市長賞岡本 璃々名古屋市立日吉小学校2年1組
愛知県教育委員会賞磯部 凪那岡崎市立六ツ美北中学校(応募時点)2年2組(応募時点)
中日新聞社賞江﨑 駈一宮市立木曽川中学校2年1組
事務所協会賞岩﨑 菜々花名古屋市立はとり中学校3年4組
小学校低学年の部 優秀賞古市 はな子名古屋市立東築地小学校3年2組
小学校高学年の部 優秀賞若杉 悠登名古屋市立常磐小学校4年2組
中学校の部 優秀賞加藤 怜実名古屋市瑞穂ヶ丘中学校2年3組
佳作須藤 大貴名古屋市立赤星小学校2年1組
佳作中西 雄揮豊川市立小坂井西小学校3年3組
佳作大喜 友翔名古屋市立正木小学校4年1組
愛知県知事賞 入賞作品

愛知県知事賞 入賞作品

表彰式及び展示について  

<表彰式>

  日時:平成30年12月2日(日曜日) 午前10時から午前11時30分まで
  場所:TOTOテクニカルセンター名古屋(名古屋市中村区名駅3-28-12大名古屋ビルヂング12階)

<展示>

  1. 日時:平成31年3月1日(金曜日)から3月17日(日曜日)まで
    場所:愛知県青年の家(岡崎市美合町並松1-2)
  2. 日時:平成31年3月20日(水曜日)から4月7日(日曜日)まで
    場所:愛・地球博記念公園 花の広場休憩所(長久手市茨ケ廻間乙1533-1)

審査委員長講評 (愛知県立芸術大学 名誉教授 野田理吉)

 今回も愛知県内の多くの小中学生の皆さんから素晴らしい絵をたくさん応募していただき、誠にありがとうございます。メインテーマはいつものように「みんなの家」ですが、サブテーマに「いきものやロボットとくらすいえ」とあります。いままでも、皆さんから、人といきものが仲良く暮らす、楽しい魅力的な生活を描いたたくさんの絵を見せていただきましたが、今回はロボットも登場してきました。ロボットにもいろんなロボットがいます。人の代わりにいろんな仕事をして私たちの生活をお手伝いしてくれるのがロボットです。これからの世界は、同じ地球に生きる植物や動物、虫やお魚、鳥など、人と生き物が仲良く、そのうえ、ロボットにも協力してもらって、より幸せで楽しい生活が送れるような世界が、すぐそこに来ている様に思います。皆さんの絵の説明や感想を読みながら、その様な未来の世界が目の前に出てきて、楽しく審査をすることができました。ありがとうございました。

審査委員会(敬称略)

審査委員会(敬称略)
審査委員長野田 理吉愛知県立芸術大学 名誉教授
審査委員伊藤 優子ミュージアムエデュケーター
審査委員成田 清康愛知県建設部建築局 住宅計画課長
審査委員山口 啓一名古屋市住宅都市局 建築指導部長
審査委員亀井 勝則中日新聞社 販売局地域事業部 部長
審査委員松岡 由紀夫公益社団法人愛知県建築士事務所協会 会長

「第14回人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」概要

 子どもたちが住まいやまちづくりを考える機会として、また、県民に住まい・まちづくりへの関心を持っていただく機会として、平成17年度より毎年開催しています。

 応募資格:愛知県に在住・在学の小学生及び中学生
 応募テーマ:メインテーマ「みんなの家」、サブテーマ「いきものやロボットとくらすいえ」
 応募期間:平成30年7月3日(火曜日)から9月14日(金曜日)まで
 主催:公益社団法人愛知県建築士事務所協会
 共催:愛知県
 後援:名古屋市、愛知県教育委員会、中日新聞社