ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 住まい > 住宅・建築 > 「第15回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」絵画作品の入賞者を決定しました

「第15回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」絵画作品の入賞者を決定しました

2019年11月26日(火曜日)発表

第15回 人と自然にやさしいまちデザインコンテスト 絵画作品の入賞者を決定しました

 愛知県では、子供たちが住まいやまちづくりを考える機会として、また、広く県民の皆様に住まい・まちづくりへの関心を高めていただくことを目指して、公益社団法人愛知県建築士事務所協会との共催で、「第15回人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」を実施しています。

 今回は276点の応募があり、審査委員会による審査の結果、以下のとおり入賞者11名を決定しました。表彰式は、2019年12月1日(日曜日)にTOTOテクニカルセンター名古屋(名古屋市中村区)にて行います。

 なお、入賞作品は、2020年2月28日(金曜日)から3月15日(日曜日)まで愛知県青年の家(岡崎市)において、2020年3月18日(水曜日)から4月5日(日曜日)まで愛・地球博記念公園花の広場休憩所(長久手市)において展示されますので、是非、御覧ください。

入賞者(敬称略)
氏名学校名学年学級
愛知県知事賞矢口 舞一宮市立木曽川中学校1年10組
名古屋市長賞木村 陽茉葵名古屋市立汐路小学校2年2組
愛知県教育委員会賞平野 海音愛知県立大府特別支援学校(応募時点)

中学部3年訪問6組(応募時点)

中日新聞社賞徳田 樹理豊川市立国府小学校1年4組
事務所協会賞光岡 明慧刈谷市立住吉小学校6年2組
小学校低学年の部 優秀賞相川 可成豊川市立国府小学校3年3組
小学校高学年の部 優秀賞鈴木 小羽常滑市立鬼崎北小学校4年2組
中学校の部 優秀賞新美 晴人阿久比町立阿久比中学校1年8組
佳作齋藤 優成豊川市立国府小学校2年5組
佳作山口 友梨豊川市立赤坂小学校6年2組
佳作松岡 遥優常滑市立青海中学校1年C組
愛知県知事賞

愛知県知事賞 入賞作品

表彰式及び展示について  

<表彰式>

  日時:2019年12月1日(日曜日) 午前10時から午前11時30分まで
  場所:TOTOテクニカルセンター名古屋(名古屋市中村区名駅3-28-12大名古屋ビルヂング12階)

<展示>

  1. 日時:2020年2月28日(金曜日)から3月15日(日曜日)まで
    場所:愛知県青年の家(岡崎市美合町並松1-2)
  2. 日時:2020年3月18日(水曜日)から4月5日(日曜日)まで
    場所:愛・地球博記念公園 花の広場休憩所(長久手市茨ケ廻間乙1533-1)

審査委員長講評 (愛知県立芸術大学 名誉教授 野田理吉)

 人と自然にやさしいまちデザインコンテストに、たくさんの作品を応募していただき、ありがとうございました。メインテーマはいつものように「みんなの家」ですが、サブテーマが今回は「うごくいえ」です。この“うごく”とは、家そのものが生き物のように移動する、と言う意味もありますが、家族が増えたりすると部屋も必要になってきますので、家が広く大きく成長する、と言う意味もありそうです。しかし、どちらでも夢があふれる、楽しいみんなの家でなければなりません。今年、スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさん(16歳)が、世界の環境会議や経済会議などで環境問題のスピーチをして大きな話題となりました。私たちの地球はみんなの星です。未来の子供たちのためにも、この地球を、美しい姿で大切にしなければなりません。そして、動いていったり成長したり、動物や植物、自然界のさまざまな生き物たちと仲良く暮らす未来でなくてはなりません。夢のある楽しい「みんなの家」をこれからも考えてください。

審査委員会(敬称略)

審査委員会(敬称略)
審査委員長野田 理吉愛知県立芸術大学 名誉教授
審査委員伊藤 優子ミュージアムエデュケーター
審査委員成田 清康愛知県建築局 技監
審査委員鈴木 裕行名古屋市住宅都市局 建築指導部長
審査委員亀井 勝則中日新聞社 販売局地域事業部 部長
審査委員松岡 由紀夫公益社団法人愛知県建築士事務所協会 会長

「第15回人と自然にやさしいまちデザインコンテスト」概要

 子どもたちが住まいやまちづくりを考える機会として、また、県民に住まい・まちづくりへの関心を持っていただく機会として、2005年度より毎年開催しています。

 応募資格:愛知県に在住・在学の小学生及び中学生
 応募テーマ:メインテーマ「みんなの家」、サブテーマ「うごくいえ」
 応募期間:2019年7月1日(月曜日)から9月13日(金曜日)まで
 主催:公益社団法人愛知県建築士事務所協会
 共催:愛知県
 後援:名古屋市、愛知県教育委員会、中日新聞社