ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 住まい > 住宅・建築 > 住まいづくりの入門書「知って良かった住まいの知識2019」を発行します

住まいづくりの入門書「知って良かった住まいの知識2019」を発行します

平成30年10月9日(火曜日)発表

「知って良かった住まいの知識2019」~安心・快適な住まい情報の総合案内書の最新版を発行します~

 この度、愛知県をはじめ名古屋市や民間団体等で構成する「愛知ゆとりある住まい推進協議会」では、住まいに関する幅広い情報を掲載した冊子「知って良かった住まいの知識2019」を作成いたしました。

 この冊子は、平成10年から毎年発行しており、住まいづくり・住まい選びの流れや、住宅に関する資金計画・税制度等の基礎知識など、住まいづくりの入門となる内容のほか、住宅総合展示場・ショールームなどの情報、助成制度や住宅相談窓口の一覧を掲載するなど、住まいに関する総合案内書として活用していただくことを目指したものです。

 今回は、「”住みたい””買いたい”既存住宅『安心R住宅』」「消費税率引き上げに伴う税制措置等とは?」のテーマで特集記事を掲載したほか、愛知ゆとりある住まい推進協議会設立30周年記念特集として、協議会30年の歩みや活動実績を紹介する記事も掲載しています。

 「知って良かった住まいの知識2019」表紙

「知って良かった住まいの知識2019」 表紙

「知って良かった住まいの知識2019」の概要

<発行>
愛知ゆとりある住まい推進協議会

<構成>
 ● すまいるニュース
 ● 第1部 住まいづくり・住まい選びの基本情報
(住まいづくり・住まい選びの流れ、住まいづくりの費用、住まいづくりのポイントなど)
 ● 第2部 見て、聞いて、理想の住まい探し
(住宅総合展示場、ショールーム、公的分譲住宅・賃貸住宅)
 ● 第3部 情報広場
(住まいに関する助成制度、住まいの相談窓口)
  ●  特集 愛知ゆとりある住まい推進協議会30周年記念特集 
(愛知ゆとりある住まい推進協議会30年の歩み、活動実績)

<冊子仕様>
A4判 全60ページ(表紙含む) 表紙及び特集部分カラー刷り・中面2色刷り

<発行部数>
50,000部

<配布場所>
県、市町村の住宅担当窓口、県民相談・情報センター及び県民事務所等の広報コーナー、住宅供給公社等の住宅相談窓口、住宅総合展示場などで配布

<配布時期>
10月10日(水曜日)から順次配布

※平成30年10月11日~13日に名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)で開催される「第48回建築総合展NAGOYA2018・あいち住まいるフェア2018」(8月30日記者発表済)の会場や、平成30年10月25日に名古屋市中区役所ホールにて開催される第30回「ゆとりある住まい講演会」(9月26日記者発表済)の会場でも配布します。

(参考)
あいち住まいるフェア2018  https://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/fair20181011press.html
ゆとりある住まい講演会  https://www.pref.aichi.jp/soshiki/jutakukeikaku/lecture20181025press.html

冊子の内容に関する問い合わせ先

愛知ゆとりある住まい推進協議会 事務局 (一財)愛知県建築住宅センター
電話(052)264-4022

 愛知ゆとりある住まい推進協議会では、住まい・まちづくりに関するインターネットを活用した情報提供として、ホームページ「あいち☆すまい・まちづくり情報広場」(https://www.yutori.gr.jp/)を運営しています。当冊子の内容以外にも、住まいに関する情報を掲載しています。