ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 観光振興課 > 「あいち学生観光まちづくりアワード」ワークショップを開催します!

「あいち学生観光まちづくりアワード」ワークショップを開催します!

 愛知県では、「あいち観光戦略」に基づき、次代の観光振興を担う学生等の育成を目的として、県内を中心とした学生等による観光への取組を対象としたアワードを2016年度から実施しており、今年度も実施します。(2020年6月10日記者発表済み。)

 このアワードでは、愛知県の観光振興に関する取組の企画を学生団体等から募集し、優秀賞を選定します。また、アワードを通じて、学生等の取組を発信し、学生等が持つ知を地域に還元し地域や観光事業者とのマッチングを図っていきます。

 今度、このアワードへの応募を予定している学生の皆様向けに、応募企画のブラッシュアップに役立つワークショップを開催します。学生の皆様の御参加をお待ちしています。

 1 開催日時

2020年10月24日(土曜日)午後1時30分から午後4時30分まで

2 会場

愛知県女性総合センター(ウィルあいち)2階 あいちNPO交流プラザ会議室

住所:名古屋市東区上竪杉町1番地

電話:052-962-2511

3 概要 

・講師 加藤幹泰(かとうみきやす)氏(大ナゴヤツアーズ実行委員会 代表)

  〈プロフィール〉

  「ナゴヤを面白がる人を増やす」というコンセプトでNPO法人大ナゴヤ大学の2代目学長として3年間担う。現在、東海エリアの良いものを知る体験プログラムツアー「大ナゴヤツアーズ」を年間300ツアー運営している。

 

 ・ワークショップの内容(予定)

  講師による講話、参加者による企画発表・情報交換等

 

4 対象

アワードに応募予定の個人またはグループ

 ※ アワードに応募予定のない方は参加できません。

5 定員

50名程度  

6 参加費

参加無料(先着順)

7 申込方法

 9月7日(月曜日)までに、「申込書及び質問票」(以下からダウンロードいただけます。)を「9申込先・問合せ先」へメールにて提出してください。

申込書及び質問票 [Excelファイル/15KB]

8 その他

・このワークショップへの参加は、アワードへの応募の必須条件ではありません。

・ワークショップ参加申込者には、事前課題を提示しますので、別途指定する期限までに課題の提出をお願いします。

・このワークショップの内容は、開催後、愛知県観光コンベンション局観光振興課Webページで公開予定です。

・参加者の募集と同時に、講師の加藤氏への質問を受け付けます。質問がある場合は「申込書及び質問票」に記入してください。(ワークショップに参加しない場合も、質問することができます。)いただいた質問は、ワークショップ当日に講師から回答します。また、質問内容とその回答は、後日愛知県観光コンベンション局観光振興課Webページに公開します。

 ・アワードの詳細については、以下の愛知県観光コンベンション局観光振興課Webページに掲載しています。

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kanko/award-2-bosyuu.html

9 申込先・問合せ先

愛知県観光コンベンション局観光振興課観光産業グループ

〒460-8501 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番2号

電話 052-954-6854

FAX  052-973-3584

 メール kanko@pref.aichi.lg.jp

 

(参考)あいち学生観光まちづくりアワードの概要

1 概要・目的

次代の観光を担う人材の育成を目的とし、学生等を対象に県内外から観光振興に関するアイデアを募集し、審査・表彰を行う。

2 内容

(1)企画提案募集

募集対象:県内外の学生等(大学院生、大学生、専門学校生、高校生)

募集期間:2020年6月10日(水曜日)から12月2日(水曜日)まで

募集テーマ:(1)あいちで食べよう! (2)あいちで泊まろう! (3)あいちを巡ろう!

表彰:最優秀賞1件 活動奨励金 200,000 円、優秀賞  2件 活動奨励金 100,000 円、奨励賞  2件 活動奨励金  50,000 円

(2)ワークショップ

開催日:2020年10月24日(土曜日)

会 場:愛知県女性総合センター(ウィルあいち)2階 あいちNPO交流プラザ会議室

内 容:加藤幹泰(かとうみきやす)氏(大ナゴヤツアーズ実行委員会 代表)による講話、参加者による企画発表・情報交換等

(3)審査・表彰

  ・一次審査(書類審査)により、5団体程度に絞り込む。

  ・2021年3月に開催予定の「あいち観光まちづくりフォーラム」において、プレゼンテーション方式による最終審査を行い、各賞を選定し表彰する。