ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 観光振興課 > 【愛知県観光誘客地域活動事業】常滑市の地域PR動画「泣きたいのに泣けない私」が完成しました!

【愛知県観光誘客地域活動事業】常滑市の地域PR動画「泣きたいのに泣けない私」が完成しました!

 愛知県では、新型コロナウイルス感染症により深刻な影響を受けている地域経済を回復させるため、観光誘客や域内周遊を目的とした事業を地域の観光振興団体に委託し、地域活性化と観光業界の再起、地域の中小企業者の再起の支援を図る、観光誘客地域活動事業を実施しています。

 この度、この事業を活用して一般社団法人とこなめ観光協会及び常滑商工会議所が制作した、映画「泣きたい私は猫をかぶる」の派生動画「泣きたいのに泣けない私」が完成しましたので、お知らせいたします。

 とこなめ観光協会WebページやYoutube等で本日から配信を開始しますので、是非ご覧ください。

1 地域PR動画「泣きたいのに泣けない私」概要

 愛知県常滑市が舞台のアニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」(通称:泣き猫)を題材に、約10分間のスピンオフ動画として、観た人が常滑市に訪れたくなるような動画を制作しました。地元の常滑焼職人や「泣き猫」で使用された実際の風景がたくさん登場します。
 監督・脚本を手掛けたのは、『泣き猫』の監督で常滑市出身の柴山智隆監督の実弟である映画監督 柴山健次氏。常滑を舞台とした映像製作は自身初となります。

2 動画ストーリー

 仕事に悩み落ち込んでいた一人の若い女性。ある日、彼女を勇気づけたいと友達が勧めたのがアニメ映画「泣きたい私は猫をかぶる」。物語の世界はとても魅力的で、主人公ムゲのように強くなりたいと足を運んだ場所がアニメの舞台となった「愛知県常滑市」。そこで「泣き猫」の世界観を体感し、どこか懐かしさを感じる町に癒やされ不思議な出会いにも勇気をもらった。常滑は、ムゲのように強い自分を見いだせるきっかけをくれた街だった。

3 動画配信について

(1)期間 

 1月15日午前10時30分から(令和4年1月15日まで) 

(2)配信サイト(今後、拡充予定。) 

 以下の(1)~(2)において配信します。

(1)とこなめ観光協会HP特設コーナー 
https://www.tokoname-kankou.net/news/cont.php?page=0&cont_no=00169

とこなめ観光協会 泣き猫特設サイト QRコード

(2)YouTube(とこなめ観光協会Youtubeチャンネル内)
https://youtu.be/K3M_9rZFVwY 

youtube QRコード

※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。             

4 動画に関する問合せ先

動画についての取材等をご希望の場合は、以下の連絡先まで御連絡ください。

一般社団法人とこなめ観光協会(平日・午前9時から午後5時30分まで)

電話 0569-34-8888

チラシ [その他のファイル/1.04MB]