ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 日光川及び半場川のダイオキシン類追跡調査結果について

日光川及び半場川のダイオキシン類追跡調査結果について

 平成19年11月12日(月曜日)発表

 平成19年度のダイオキシン類調査において日光川及び半場川で水質環境基準値を上回ったため、追跡調査を実施しました。

 流域の事業場の立入検査などを行いましたが、その管理状況に特に問題はみられず、原因の特定には至りませんでした。また、これらの河川において再度水質調査を実施したところ、環境基準値を下回っていました。

 県としては、引き続き監視を行っていきます。

1 平成19年度のダイオキシン類環境調査において、7月に実施した日光川北今橋(一宮市)、8月に実施した半場川坂下橋(安城市)で水質環境基準値を上回りました。(平成19年8月30日及び平成19年9月7日に公表)

 このため、上流域におけるダイオキシン類対策特別措置法に基づく特定事業場などに立ち入り、関係施設や自主検査結果などを検査するとともに、排出水検査を実施しましたが、その管理状況に特に問題はみられず、原因の特定には至りませんでした。

 また、日光川北今橋及び半場川坂下橋において再度実施した水質調査結果は、それぞれ 0.73 pg-TEQ/ℓ、0.93 pg-TEQ/ℓと環境基準値を下回りました。
日光川北今橋、半場川坂下橋におけるダイオキシン類水質調査結果            (単位:pg-TEQ/ℓ)
河川調査地点第1回調査結果再調査結果環境基準値
日光川北今橋1.60.731
半場川坂下橋1.40.93

注1 pg(ピコグラム):1兆分の1グラム

  2 TEQ:最も毒性の強い2,3,7,8-TCDDの量に換算した値

  3 環境基準を達成したかどうかは年平均値で評価する。

2 今後も、日光川及び半場川の水質監視を継続して実施するとともに、流域の事業場に対し引続き立ち入り検査を実施し、ダイオキシン類の排出の削減に向けて指導を行っていきます。

調査地点図

問合せ

愛知県 環境部 環境活動推進課
環境リスク対策グループ
担当: 髙林、高山
内線: 3025、3026
(ダイヤルイン)052-954-6212
E-mail: kankyokatsudo@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)