ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 環境 > あいちの環境 > 北朝鮮地下核実験覚知に伴う本県の環境放射能の測定について

北朝鮮地下核実験覚知に伴う本県の環境放射能の測定について

北朝鮮地下核実験覚知に伴う本県の環境放射能の測定について

 本県では、環境調査センター(名古屋市北区)を始め5地点に設置したモニタリングポストにおいて、空間放射線量率を24時間連続測定を行っておりますが、平成25年2月12日午前11時57分頃に覚知された北朝鮮の地下核実験の前後で測定値に変化は見られず、いずれの地点も過去の測定値の範囲内でした。また、降下物及び大気浮遊じんの測定も実施しており、その結果については、文部科学省と同時に発表いたします。
空間放射線量率測定結果(速報値)     単位:マイクロシーベルト/時

測 定 地 点

平成25年2月12日

過去の測定値*

11時

12時

13時

14時

環境調査センター

(名古屋市北区)

0.040

0.039

0.039

0.040

0.035~0.074

(平均:0.040)

環境調査センター

東三河支所(豊橋市)

0.038

0.038

0.038

0.038

0.036~0.062

(平均:0.042)

新城設楽建設事務所

設楽支所(設楽町)

0.052

0.052

0.051

0.051

0.049~0.089

(平均:0.053)

西三河県民事務所

(岡崎市)

0.078

0.078

0.078

0.078

0.075~0.108

(平均:0.078)

一宮市木曽川消防署

大気測定局(一宮市)

0.051

0.051

0.051

0.051

0.049~0.105

(平均:0.053)

*過去の測定値は、環境調査センターは平成17年4月1日0時から25年2月12日11時までの値、他の地点は、平成24年4月1日0時~25年2月12日11時までの値。

*データは、例えば11時なら10時~11時の時間値です。

○ なお、愛知県の空間放射線量率を含む全国の測定値については、文部科学省ウェブサイトhttp://radioactivity.mext.go.jp/map/ja/で公開されています。

○ 降下物とは、雨やちりなど降り注ぐもの、大気浮遊じんとは、大気中を漂う粒子であり、各々24時間採取し、測定を行います。

問合せ

愛知県環境部環境活動推進課
環境リスク対策グループ 
担当:堀部、塚本
内線:3025、3026
電話:052-954-6212
E-mail:kankyokatsudo@pref.aichi.lg.jp