ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 河川課 > 2019年7月18日~19日の大雨における青木川放水路の洪水調節の効果について

2019年7月18日~19日の大雨における青木川放水路の洪水調節の効果について

2019年7月18日~19日の大雨における青木川放水路の洪水調節の効果について

 青木川放水路(愛知県江南市)では、7月18日(木)の午後7時5分から午後10時3分まで洪水調節を行いました。
 青木川、昭和川、般若川を流れる水量の一部を放水路により木曽川に流すことで、これらの河川の水位を低下させる効果がありました。

1 放水路周辺の洪水調節実績

 (1)降雨の状況(江南雨量観測所)
    総雨量 103mm(7月18日(木曜日)午前9時~19日(金曜日)午前7時)
    最多分60分雨量 43mm(7月18日(木曜日)午前5時30分~午前6時30分)
 (2)洪水調節の状況
    洪水調節時間 7月18日(木曜日)午前7時5分~午後10時3分(2時間58分)
    総排水量 8.6万㎥
    ※数値は暫定値のため、確定値ではありません。

2 状況図

総排水量:8.6万㎥

3 青木川放水路について

 青木川放水路は、近年都市化が進んでいる青木川、準用河川般若川、準用河川昭和川、準用河川奈良子川の浸水被害を軽減するため、これらの河川から合わせて25㎥/sの水を放水路により木曽川に放流するものです。
  放水路位置:愛知県江南市宮田神明町地内始め
  河 川 名:一級河川庄内川水系 青木川、準用河川般若川、準用河川昭和川、準用河川奈良子川
  青木川放水路:延長約5,900m
青木川放水路位置図

記者発表資料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)