ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 河川課 > ブラアイチin日光川を開催します! ~ 伊勢湾台風から60年、その経験を地域で伝えるため、小学生親子とともに日光川・蟹江川をボートでめぐります~

ブラアイチin日光川を開催します! ~ 伊勢湾台風から60年、その経験を地域で伝えるため、小学生親子とともに日光川・蟹江川をボートでめぐります~

ブラアイチin日光川を開催します!~伊勢湾台風から60年、その経験を地域で伝えるため、小学生親子とともに日光川・蟹江川をボートでめぐります~

 

はじめに

 愛知県では、2017年から県内のまちの様々な知られざるストーリーを発掘・紹介する「ブラアイチ」を行っています。

 今回の「ブラアイチin日光川」では、伊勢湾台風から60年の節目の年を迎え、その経験を地域で伝えていくため、地元の小学生親子も交えた開催とし、蟹江川排水機場での講演会やEボートを用いて日光川・蟹江川をめぐります。

 普段なにげなく接している川を水面から眺めながら、水防災について考えてみませんか。是非ご参加ください。

開催概要

(1)開催日時

 2019年11月9日(土曜日) 午前10時から午後0時30分まで

(2)場  所

 蟹江川排水機場(海部郡蟹江町大字蟹江本町地先)

(3)開催内容

 (1)ミニ講演会(午前10時から午前11時まで)

     第1部 講師 溝口 常俊氏 名古屋大学名誉教授(地理学)

     タイトル ~伊勢湾台風経験から見た日光川下流域の地理・地形の特徴~

     第2部 講師 秀島 栄三氏 名古屋工業大学大学院教授(土木工学)

  タイトル ~クイズで学ぶ水防災~

 (2)川めぐり&蟹江川排水機場見学(午前11時から午後0時30分)

         Eボートを使用して日光川・蟹江川をめぐります。

         ※ボート内でガイドから歴史や地形などについて解説があります。

         予定ルート:蟹江川排水機場内乗下船場

                     ↓約500m

                 日光大橋(県道名古屋十四山線)

                     ↓約500m

                蟹江川排水機場内乗下船場

(4)参加対象

 小学校4年生以上(ただし、中学生以下は保護者同伴とします)

(5)募集人数

 募集人数 40名(申込先着順)

 ※このほかに、地元から20組の小学生親子が参加します。

(6)参加費

 無 料

(7)集合場所

 蟹江川排水機場

 ※日程及び集合場所等の詳細は、募集期間終了後、参加決定者にお知らせします。

 ※駐車場あります。

 

 チラシは、下記よりダウンロードできます

  ブラアイチin日光川チラシ [PDFファイル/1.3MB]

 

2.申込み方法

  参加をご希望の方は、 (1)氏名、(2)年齢、(3)住所を記載の上、10月15日(火曜日)までに、FAX、Eメールのいずれかにて下 記までお申込みください。なお、複数名の場合は、全員分を記載してください。

 参加の決定は、申込先着順とし、応募された方全員にファックス又はEメールにて結果をお知らせします。

3.その他

・ボートで川をめぐるため、水に濡れてもいい服装、滑りにくい靴での参加をお願いします。

  ・小雨決行。ただし、気象予警報が発表された場合など悪天候の場合は中止となります。中止を決定した場合は参加者へ連絡いたします。  

・当日参加者の方へ、蟹江川排水機場カードを差し上げます。

4.主催・協力

主 催:愛知県

協 力:国土国土交通省 木曽川上流河川事務所、公益財団法人 河川財団名古屋事務所、土木学会中部支部、

     名古屋地理学会、愛知・川の会、津島土木研究会 

 

 

【参考】Eボートとは

E ボートは、おおよそ10人乗りのゴンドラ型のカヌーです。誰もが、楽しく水辺を散策できる乗り物として、全国の河川やダム等で活用されているほか、水防災や水難事故の現地学習に用いられています。

Eボート

写真提供:公益財団法人 河川財団名古屋事務所

 

 

 ※「ブラアイチ」はNHK「ブラタモリ」を参考に愛知県が企画したものですが、NHKが関与するものではありません。

  ブラアイチ ウェブサイト   http://aichi-river.jp/buraaichi/

 

問合せ先

愛知県建設局河川課計画グループ 村上、川瀬、松井

電話番号:052-954-6555

メールアドレス:kasen@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)