ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 春日井保健所 > カンピロバクターによる食中毒にご用心!

カンピロバクターによる食中毒にご用心!

カンピロバクターによる食中毒にご用心!

生・加熱不足の鶏肉料理によるカンピロバクター食中毒が多発しています。
カンピロバクター

カンピロバクターの特徴

・鶏や牛などの腸管内にいる細菌で、少量の菌数でも食中毒を発生する。

食中毒の症状

・腹痛、下痢、発熱等
・重篤なギラン・バレー症候群(手足の麻痺、顔面神経麻痺、呼吸困難)等を起こすこともある。
・食べてから1~7日で発症する。

対策

・中心部まで十分に加熱する。
・サラダなど生で食べるものとは別の調理器具を使用して調理する。
・鶏肉を調理した器具は熱湯で消毒する。
新鮮な鶏肉=生食用ではありません!
鶏肉は十分に加熱して、楽しいお食事をしましょう!!!