ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > 住まい > 住宅・建築 > 二級建築士に対する業務停止処分及び建築士事務所の開設者に対する建築士事務所の閉鎖処分について

二級建築士に対する業務停止処分及び建築士事務所の開設者に対する建築士事務所の閉鎖処分について

2021年4月9日(金曜日)発表
 愛知県知事は、2021年3月29日付けで、愛知県知事登録の二級建築士及び建築士事務所の開設者に対し、下記のとおり建築士法(昭和25年法律第202号)の規定に基づく処分を行いました。

1 二級建築士に対する処分

(1)処分を受けた建築士

処分を受けた建築士
氏名建築士種別登録番号
小林 昌代(こばやし まさよ)二級建築士愛知県知事登録第30923号

 

(2)処分の内容

2021年7月1日から2月間の業務停止

(3)処分の原因となった事実

 上記建築士は、愛知県内の建築物(1物件)について、株式会社レオパレス21一級建築士事務所(現・株式会社レオパレス21名古屋支店一級建築士事務所)の業務に関し、工事監理者として工事監理を十分行わなかったことにより、当該物件の設計図書では、長屋の各戸の界壁が小屋裏に達する設計がされているにもかかわらず、当該物件には界壁が小屋裏に設計図書のとおりに設置されておらず、建築基準法(昭和25年法律第201号)第30条及び建築基準法施行令(昭和25年政令第338号)第114条の規定に違反する工事が行われる事態を生じさせた。
 このことは、建築士法第10条第1項第1号に該当する。

2 建築士事務所の開設者に対する処分

(1)処分を受けた建築士事務所

処分を受けた建築士事務所
開設者の名称及び代表者の氏名建築士事務所の名称及び所在地登録種別登録番号
株式会社レオパレス21 代表取締役 宮尾 文也(みやお ぶんや)

株式会社レオパレス21名古屋支店一級建築士事務所

名古屋市千種区内山1丁目16番1号

一級建築士事務所愛知県知事登録(い-1)第9499号

 

(2)処分の内容

2021年7月1日から12月間の建築士事務所の閉鎖

(3)処分の原因となった事実

 上記建築士事務所を管理した建築士が、2019年12月13日に、建築士法第10条第1項の規定に基づき、国土交通大臣から免許取消しの処分を受けた。また、上記建築士事務所に属した建築士(上記1の建築士)が、2021年3月29日に、同項の規定に基づき、愛知県知事から2月間の業務停止の処分を受けた。
 これらのことは、建築士法第26条第2項第4号及び同項第5号に該当する。

問合せ

愛知県建築局建築指導課
建築物安全安心グループ
担当:岡庭、加藤
電話:052-954-6587(ダイヤルイン)
内線:2834、5834
メール:kenchikushido@pref.aichi.lg.jp