ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康管理 > 風しんの患者数の増加に伴う注意喚起について

風しんの患者数の増加に伴う注意喚起について

風しんの患者数が増加しています

 平成30年7月下旬以降、風しん患者数が関東地方を中心に大幅に増加しており、本県においても風しんの患者数の増加が続いていることから、十分な注意が必要です。

●平成30年の愛知県及び全国での風しんの発生状況はこちら

  ・「本県における麻しん・風しん患者発生報告状況」(衛生研究所Webページ)

  ・「風疹 感染症発生動向調査」(国立感染症研究所Webページ)

●平成30年度の愛知県での風しんに関する記者発表資料はこちら

  ・9月6日 愛知県で風しんの患者数が増加しています! [PDFファイル/232KB]

 

【風しん発生届出件数】

 

H24年

H25年

H26年

H27年

H28年

H29年

H29年

愛知県

98

375

21

13

20

3

3

全国

2,386

14,344

319

163

126

93

93

県民の皆様へ

風しんについて

 風しんは、風しんウイルスによって起こる急性の感染症で、妊娠20週頃まで(特に妊娠初期)の女性がかかると、赤ちゃんが先天性風しん症候群となり、障がいをもって生まれてくるおそれがあります。

 特に、妊婦、妊娠を希望している人及び妊婦の同居家族の方は積極的に抗体検査を受けていただき、その結果抗体価が低いことが判明した場合、予防接種の実施を検討してください。

風しんの症状や感染力、妊婦への影響、感染拡大防止策等については以下のページをご覧ください。

風しんについて(愛知県Webページ)

風しんについて(厚生労働省Webページ)

風しんの感染予防の普及・啓発事業(厚生労働省Webページ)

 

具体的な対策については、以下のリーフレットを参考にしてください。

妊娠を希望する女性、妊婦とそのご家族へ(厚生労働省) [PDFファイル/180KB]

体調不良の時はムリしないで(厚生労働省) [PDFファイル/174KB]

職場は風しん予防対策をしてますか(厚生労働省) [PDFファイル/322KB]

風しん抗体検査及びワクチン接種について

本県では、先天性風しん症候群の発生を抑えるため、妊娠を希望する一定の条件を満たした女性を対象に、風しん抗体検査を実施しています。

風しん抗体検査とワクチン接種のお知らせ(愛知県Webページ)

産科医療機関の皆様へ

妊娠の徴候がある方、妊婦、及びその同居家族について、以下の事項を周知してください。

・風しんに対する注意喚起を行うこと

・妊婦が症状を伴う感染を起こした場合、出生児が先天性風しん症候群になる可能性が妊娠1ヶ月目で50%以上あること

 妊婦健診の際に実施する風しんの抗体検査の結果、妊婦の抗体価が低いことが分かった場合には、次回の妊婦健診まで待たず、受診の機会を設ける等により、速やかに抗体価が低かった旨の伝達を行うなど、早期の注意喚起のための工夫をしてください。

 また、愛知県では、妊娠を希望する女性のうち、風しんの抗体検査を受けたことがない等の一定の条件を満たした方(名古屋市、豊橋市、岡崎市及び豊田市に居住する方を除く)を対象に、無料の抗体検査事業を実施しているため、対象者には当該事業を活用しつつ抗体検査を受けるよう周知してください。

 なお、市町村によっては独自に無料の抗体検査事業等を実施している場合があるため、必要に応じ対象者の居住する市町村に相談するよう併せて周知してください。

関連情報

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)