ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 健康対策課 > 新型コロナウイルス感染症対策妊産婦総合支援事業

新型コロナウイルス感染症対策妊産婦総合支援事業


 新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で、妊婦の方々は日常生活等が制約され、御自身だけでなく、おなかの赤ちゃんや生まれてからの影響などについて、様々な不安を抱えて生活をされていることと思います。
 そこで、愛知県では、症状のない妊婦の方が分娩前に新型コロナウイルスへの感染の有無を確認する検査を希望される場合に、以下のとおり検査費用を助成します。
 また、感染が確認された妊産婦の方の不安を少しでも軽減し、地域において健やかな育児ができるよう電話や訪問等により保健師等が支援を行います。

    感染が確認された妊産婦の方に対する寄り添い支援事業〕

        〔医療機関の方向け〕各種関係書類(発生届を含みます。)

 


なお、名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市に住民票のある方は、下記へお問合せください。


  • 名古屋市の方はこちら⇒ こども青少年局子育て支援部 子育て支援課母子保健係 電話 052-972-2629                        
  • 豊橋市の方はこちら⇒ 豊橋市健康部保健所 こども保健課 電話 0532-39-9160
  • 岡崎市の方はこちら⇒ 岡崎市保健部健康増進課母子事業係 電話 0564-23-6084
  • 豊田市の方はこちら⇒ 豊田市こども部こども家庭課 電話 0565-34-6636

 分娩前の新型コロナウイルス検査費用を助成します。(※注)
 この事業は、新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で不安をお持ちの妊婦の方が対象となります。検査を希望される場合は、かかりつけ産科医にご相談ください。
  (準備が整った医療機関から順次開始となります。)

 ※注:この事業における検査費用の助成は、妊婦の方お一人につき1回限りとなります。すでに他の医療機関(県内外を問いません。)で、この事業の対象となる検査による費用助成を受けた場合は、助成の対象外となりますのでご注意ください。

対象となる方について

 愛知県内に住所を有する産科医療機関に定期的に通院または分娩予定の妊婦で、以下の全てを満たす方

   県外に住民票を有する妊婦の方が、上記産科医療機関に定期的に通院等される場合も対象になります。(例:里帰り出産のため、一時的に愛知県に帰郷された妊婦の方など) 

  • 発熱等の感染を疑う症状がなく、診療上の医師の判断によるウイルス検査を必要としない方(もっぱら院内感染予防を目的としている検査、医師が診療のために必要と認める検査は本事業の対象になりません。)
  • 検査の内容について、愛知県が定める事前説明を受け、検査の目的、検査実施による影響等を理解している方
  • 過去に本事業によるウイルス検査を受けていない方(1人1回限りの助成です。他県で同様の事業で助成を受けた場合は対象となりません。)

検査を希望する場合

 検査の時期は、分娩予定日のおよそ2週間前とします。妊娠36~37週の妊婦健康診査の頃を検査の目安とし、妊婦健康診査を受診または分娩を予定している医療機関のかかりつけ産科医にご相談ください。
 (ただし、妊婦それぞれの状況に応じて検査時期が異なる場合もありますので、かかりつけ産科医とご相談ください。)
 検査方法、検査場所についても、医療機関でご相談ください。

検査費用及び検査回数

 令和2年10月15日から令和3年3月31日までの間に妊婦1人1回に限り、ウイルス検査費用について20,000円を上限として助成します。
 ただし、愛知県外の里帰り先で同様の検査を受け、自己負担された方は令和2年8月1日から令和3年3月31日までの期間とします。

検査の結果陽性となった場合

管轄の保健所から、入院調整等の連絡があります。

また、愛知県による「感染が確認された妊産婦の方に対する寄り添い支援事業」が利用できます。

検査の流れ

 愛知県内にある産科医療機関で検査を受ける場合は、原則、以下のとおりです。

検査の流れ
 検査の流れ
1かかりつけ産科医に検査等について相談する。
2かかりつけ産科医から検査に係る事前説明を受ける。
3説明を受けた上で検査を希望する場合は、 「検査申込書」を記入し、かかりつけ産科医へ提出する。
4かかりつけ産科医療機関から「検査申込書」の写しを受け取る。
5検査を実施した産科医療機関(かかりつけ産科医)から検査結果の診断を受ける。

※ 検査結果が「陽性」の場合、かかりつけ産科医から妊婦の方への連絡後に、管轄の保健所から妊婦の方へ入院調整等の連絡があります。

費用の請求方法

1.妊婦の方が検査を受けた医療機関に直接検査費用を支払わず、費用の請求及び受領について医療機関へ委任する場合

  医療機関に以下の書類をご提出ください。
 医療機関への提出書類
1検査申込書(1号様式)
2愛知県不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査助成事業申請書(第2号様式)

 

2.愛知県内の医療機関で検査を受けた妊婦の方のうち、医療機関に直接検査費用を支払い、費用の請求及び受領について医療機関に委任されない場合

3.愛知県外にある医療機関へ定期的に通院または分娩予定で、愛知県内に住民票のある方の場合

 愛知県外にある医療機関において、本事業と同様の検査を実施し、検査費用を自己負担した場合、検査に係る費用を20,000円まで助成します。

2、3の妊婦の方については、以下のとおりです。

(1)愛知県不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査助成事業申請書(第2号様式)をあらかじめ印刷しご用意ください。

(2)検査を受検し、検査実施機関に一旦検査費用を支払い、領収書の発行を依頼してください。

(3)記載例を参考に必要事項を記入してください。

(4)愛知県保健医療局健康医務部健康対策課宛に下記の書類を郵送してください。

愛知県保健医療局健康医務部健康対策課に以下の書類をご提出ください。
 愛知県への提出書類
愛知県不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査助成事業申請書(第2号様式) [PDFファイル/127KB]
本人の住所が確認できるもの(運転免許証の写し、健康保険証(住所の記載があるもの)の写しなど、ただし公的な証明書に限る。)
検査を受けた医療機関で交付申請書の「検査に要した費用証明書」が記入されなかった場合は、医療機関が発行する内容が確認できる領収証の原本

   ※送付先:〒460-8501
      名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
      愛知県保健医療局健康医務部健康対策課母子保健グループ

※ 記載内容に不備があった場合などにお電話することがありますので、日中に連絡の取れる電話番号を記載してください。
※ 申請者と同じ口座名義で申請してください。また、口座振込先の記載が正しく記載されているか提出前にご確認ください。
※ 検査費用が20,000円を超える場合、20,000円を超える金額は自己負担となります。

 

 ※名古屋市、豊橋市、岡崎市、豊田市に住民票のある方の分娩前のウイルス検査に関することは、各市へお問合せください。

分娩前ウイルス検査助成事業の概要

分娩前ウイルス検査助成事業の概要

PCR検査等を実施する上での注意事項

 検査の性質上、実際には感染しているのに結果が陰性になること(偽陰性)や、感染していないのに結果が陽性になること(偽陽性)があります。
 また、検査結果が陽性となった場合は、症状の有無にかかわらず、入院となったり、入院先が分娩予定の医療機関とならなかったり、分娩方法等の変更や分娩時の立ち会い制限、分娩後一定期間の母子分離となる可能性があることを妊婦にご説明ください。
 その上で検査を希望される方に対し、検査を実施していただくようお願いします。

助成対象者

 愛知県内に住所を有する産科医療機関に定期的に通院または分娩予定の妊婦で、以下の全てを満たす方

1. 発熱等の感染を疑う症状がなく、診療上の医師の判断によるウイルス検査を必要としない方(もっぱら院内感染予防を目的としている検査、医師が診療のために必要と認める検査は本事業の対象になりません。)

2. 検査の内容について、愛知県が定める事前説明を受け、検査の目的、検査実施による影響等を理解している方

3. 過去に本事業によるウイルス検査を受けていない方(1人1回限りの助成です。他県で同様の事業で助成を受けた場合は対象となりません。)

助成対象となる検査方法

  • 検体は、鼻咽頭ぬぐい液または唾液とします。
  • 検査方法は、核酸増幅法(PCR法、LAMP法、TMA法)による検査または抗原定量検査とします。

※ 注意 抗原定性検査は対象外です。

助成回数及び助成額

 妊婦1人1回に限り、ウイルス検査費用について20,000円を上限に助成します。

助成方法

 医療機関が妊婦から費用の請求及び受領について委任を受け愛知県に請求する場合

  (この場合、医療機関は妊婦から直接、検査費用を受領しません。)

  1. 医療機関は、妊婦が記入した「ウイルス検査申込書(第1号様式)」 [PDFファイル/228KB]を5年間保管してください。
  2. 妊婦の記入した「ウイルス検査助成事業申請書(第2号様式)」 [PDFファイル/127KB]「検査に要した費用証明欄」を検査を実施した医療機関において記載してください。
  3. 「2」で作成した「不安を抱える妊婦への分娩前ウイルス検査助成事業申請書(第2号様式)」の原本を1か月分まとめ、「ウイルス検査助成事業請求書(第3号様式)」 [PDFファイル/118KB]に添付し、愛知県に請求してください。

助成費用の請求期限

 検査を実施した日の属する年度の末日から起算して30日以内(当該日が土日、祝日の場合は、翌開庁日)までにご請求ください。
 具体的には、3月31日に検査を実施した場合の請求期限は4月30日となります。5月1日以降の請求ではお支払いできませんので、ご注意ください。

請求書の提出先

 ※ 愛知県(名古屋市・豊橋市・岡崎市・豊田市を除く)にお住まいの妊婦の方に限ります。
 送付先:〒460-8501
      名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
      愛知県保健医療局健康医務部健康対策課母子保健グループ

検査結果が陽性となった場合の対応について

  1. 検査結果を踏まえ、診断を確定の上、妊婦ご本人へ検査結果を通知してください。医療機関の住所地を所管する保健所に「新型コロナウイルス感染症 発生届 [PDFファイル/149KB]をご提出ください。
  2. 上記の様式を用いて速やかにご提出いただきますようお願いします。
  3. 陽性となった妊婦に対し「寄り添い支援事業」について、周知漏れのないよう下記のリーフレットを活用してご周知いただき、妊婦が支援を希望する場合は、発生届の事由記載欄にその旨を記載していただきますようお願いします。
 新型コロナウイルスの感染が認められた妊産婦の方が希望する場合にご自身や赤ちゃんの健康、出産後の育児不安等を傾聴し、必要に応じて電話や家庭訪問などによる支援を行います。

支援方法及び内容

  • 妊産婦のご自宅や里帰り先のお宅への訪問による支援または電話相談を行います。
  • 出産や育児に関する不安や悩みを傾聴し、妊産婦ご自身の健康管理や育児に関する知識の提供等により、健やかな育児ができるよう支援します。

 案内リーフレット(新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方へA4片面)に [PDFファイル/549KB]

費用について

 無料です。
 (ご自宅等への訪問による支援に係る光熱水費や電話相談時の通信費用などは支援を受ける妊産婦の方にご負担いただきます。)

支援を希望する場合

 かかりつけ産科医または入院中の医療機関または管轄の保健所健康支援課へご相談ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)