ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > くらし・安全・環境 > パスポート・国際化 > パスポート > パスポート:旅券の申請・受取の御案内

パスポート:旅券の申請・受取の御案内

旅券(パスポート)の申請・受取の御案内

パスポート

 パスポート手続きガイド

申請

受取

窓口

<県の旅券窓口について>
土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12/29~1/3)は休業となります。
ただし、愛知県旅券センターでは、日曜日(祝休日の場合は営業します。年末年始は休業となります。)に交付窓口のみ営業します。

県からのお知らせ

旅券(パスポート)の残存有効期間について

渡航先国で必要とされるパスポートの残存有効期間不足により、渡航をあきらめなければならないケースが発生しております。
このようなことを避けるため、航空券の購入前に、パスポートの残存有効期間を必ず御確認ください。
各国がパスポートに求める残存有効期間は、滞在期間や入国目的等によって様々ですが、3~6か月以上必要としている国が多くあります(必要な残存期間は、日本にある当該国の大使館等で御確認ください。)。

残存有効期間が1年未満である場合は、新しいパスポートへ切り替えることもできます。
(ただし、切替申請をすると、現在お持ちの有効中のパスポートは無効となります。したがって、残りの有効期間は切り捨てとなり、旅券番号も変わります。)

月曜日等の休日明け、平日の昼前後及び夕方は窓口が混雑します

時間に余裕のある方やお子様連れの方は午前中にお越しいただくなど、なるべく混雑する曜日・時間帯を避けて申請されることをお薦めします
また、大型連休・夏休み・お盆・春休みの期間中及び年末年始の前後は大変混雑することが予想されますので、時間に余裕をもってお越しください。

パスポートのデザインが新しくなります

外務省「2020年旅券について」 

県旅券窓口の変更について

尾張、海部、知多、新城設楽の各旅券コーナー及び東三河旅券センターにおける窓口業務は、平成31年3月末で終了しました。

平成31年4月1日以降の県の窓口は、愛知県旅券センター(名古屋市中村区)、西三河旅券コーナー(岡崎市)、豊田加茂旅券コーナー(豊田市)の3か所となります。

旅券(パスポート)の申請・受取窓口が変わりました

市町村旅券窓口の開設について

平成31年4月1日より、新たに14市町が旅券窓口を開設しました。
これにより、旅券窓口を開設している市町村は、豊橋市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、蒲郡市、常滑市、小牧市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、高浜市、田原市、愛西市、阿久比町、南知多町、美浜町、武豊町、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村の30市町村です。

30市町村に住民登録をされている方は、それぞれの市町が指定する窓口でパスポートの申請及び受取手続きができます。(原則、県の窓口及び他の市町村の窓口を御利用いただくことはできませんので、御了承ください。

市町村の窓口の御案内

「パスポートダウンロード申請書」の受付について

平成30年10月1日から「ダウンロード申請書」による申請を受け付けています。
申請書のダウンロード、くわしい利用方法は、外務省の「パスポート申請書ダウンロード」(外部サイトへのリンク)のページを御覧ください。

※OCR申請書(手書き申請書)も引き続き御利用いただけます。

愛知県旅券センターの移転について

愛知県旅券センターは、平成29年5月7日(日曜日)に「JRセントラルタワーズ15階」へ移転しました。

海外各国の安全情報(感染症危険情報を含む)

下記の外務省ホームページを御覧ください。

外務省 海外安全ホームページ

愛知県 旅券(パスポート)の申請・交付状況

その他

問合せ

愛知県 県民文化局 県民生活部 県民生活課【愛知県旅券センター】
〒450-6015 名古屋市中村区名駅1丁目1-4 JRセントラルタワーズ15階
電話 : 052-563-0236 (FAX専用 : 052-563-6956)
メールでのお問合せはこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)