ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > 消費者トラブル情報<あいちクリオ通信平成31年1月号>海外の旅行予約サイトでのトラブルに注意

消費者トラブル情報<あいちクリオ通信平成31年1月号>海外の旅行予約サイトでのトラブルに注意

平成31年1月30日(水曜日)発表

-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信> 

 愛知県及び市町村の消費生活相談窓口には、消費生活に関する様々な相談が寄せられています。

 この「-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信>」では、消費者被害の未然防止を図ることを目的にその時々の具体的な相談事例を紹介し、消費者トラブルに対する注意を喚起しています。

1月号の概要

海外の旅行予約サイトでのトラブルに注意!

 愛知県及び市町村の消費生活相談窓口には、海外の旅行予約サイト(以下「海外OTA(※1)サイト」という。)に関する相談が急増しています。

※1 OTAとは、Online Travel Agentの略称で、宿泊等の旅行予約サービスをインターネット上で行う事業者

 

特徴 

○ 海外OTAサイトを利用した予約について、「カード決済後、宿泊日の間違いに気づきキャンセルを申し出たが、一切返金できないと言われた」など、キャンセルに関連した相談が急増しています。

○ 海外OTAは、海外に事業拠点があり、日本国内に拠点を持たない(ほとんどない)事業者です。このため、観光庁又は都道府県の登録を受けていないことが多く、利用規約の内容が、国内に事業拠点を持つ旅行業者(※2)(国内OTA)と大きく異なる場合があります。

○ インターネット上には、海外OTAが多数存在しますが、日本語表示をしているため、国内OTAと、見かけ上区別がしづらくなっており、メタサーチ(価格比較サイト)等を通じてアクセスした利用者が、サービス内容をよく確認しないまま海外OTAで予約するケースも見られます。

※2 旅行業法に基づき観光庁又は都道府県に登録している事業者

 

アドバイス

○ 海外OTAは、事業拠点を置く国の法律に準拠して運営されているため、トラブルの際、国内法に基づいて返金を求めても対応してもらえないケースが多い状況です。
 また同じ商品であっても予約のタイミングや料金等によってキャンセル条件が異なる場合があります。 
 予約の際には、キャンセル料等、解約に関する条件を画面で必ず確認しましょう。

○ トラブルに遭わないために、注意すべきポイントを押さえた上で、適切な対策を講じましょう。(チェックポイントは「あいちクリオ通信平成31年1月号[PDFファイル]」の2ページ参照)

○ トラブルに遭った場合は、県又はお住まいの市町村の消費生活相談窓口に御相談ください。


相談窓口


○ 消費者ホットライン ☎188(いやや!)

   身近な消費生活相談窓口につながります。

 

 

消費者トラブル情報-<あいちクリオ通信 平成31年1月号>

あいちクリオ通信平成30年1月号 [PDFファイル/839KB]  

 

問合せ

愛知県 県民文化部 県民生活課
消費生活相談グループ(消費生活相談窓口ではありません)
担当:近藤、平田
電話:052-961-2111
内線:5031、5032
ダイヤルイン:052-954-6165
E-mail: kenminseikatsu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)