ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > 消費者トラブル情報<あいちクリオ通信平成31年2月号>海外のチケット転売仲介サイトでのトラブルが急増!

消費者トラブル情報<あいちクリオ通信平成31年2月号>海外のチケット転売仲介サイトでのトラブルが急増!

平成31年2月27日(水曜日)発表

-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信> 

 愛知県及び市町村の消費生活相談窓口には、消費生活に関する様々な相談が寄せられています。

 この「-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信>」では、消費者被害の未然防止を図ることを目的にその時々の具体的な相談事例を紹介し、消費者トラブルに対する注意を喚起しています。

2月号の概要

 

海外のチケット転売仲介サイトでのトラブルが急増!

  ~公式サイトとの勘違いに要注意~ 

 愛知県及び市町村の消費生活相談窓口には、海外のチケット転売仲介サイト(以下、「転売仲介サイト」という。)に関する相談が急増しています。

 

特徴 

○ 「スポーツ観戦等のチケットをインターネットで検索したサイトで購入したが、正規料金より高額なので解約したい」 といった相談が急増しています。

○ 相談内容をみると、「インターネット上の検索結果の上位に表示されていたため、公式サイトと勘違いをして、契約してしまった」、「『売り切れ間近』などと表示され、焦って、手数料がかかることやキャンセルできないことを確認せず購入してしまった」というケースが目立ちます。

〇 チケットを購入した後で、転売仲介サイトから購入したことがわかったというケースがほとんどです。

アドバイス

〇 インターネットでチケットを販売しているサイトの中には、実際は転売仲介サイトであるのに、イベントの公式サイトであるかのような表示をしているサイトもあります。表示を鵜呑みにせず、URLを確認するなど「公式サイト」かどうか確認しましょう。

〇 インターネットによるチケットの取引は通信販売となり、クーリングオフの適用はありません。解約については、公式サイトか否かにかかわらず、サイトの利用規約に従うことになりますので、購入前に必ず利用規約を確認しましょう。

〇 万一に備えて、サイト運営事業者の所在地、連絡先や連絡手段、日本語対応が可能かどうかを確認しましょう。また、連絡先が明記されていない事業者との契約は控えましょう。

〇 イベントによっては、チケットの転売を利用規約で禁止しており、転売されたチケットでは会場に入れないこともありますので、イベント主催者によるチケットの利用条件をよく確認しましょう。

 


相談窓口


○ 消費者ホットライン ☎188(いやや!)

   身近な消費生活相談窓口につながります。

 

 

消費者トラブル情報-<あいちクリオ通信 平成31年2月号>

あいちクリオ通信平成31年2月号 [PDFファイル/305KB]

 

問合せ

愛知県 県民文化部 県民生活課
消費生活相談グループ(消費生活相談窓口ではありません)
担当:近藤、平田
電話:052-961-2111
内線:5031、5032
ダイヤルイン:052-954-6165
E-mail: kenminseikatsu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)