ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県民生活課 > 消費者トラブル情報<あいちクリオ通信2019年10月号>若者の定期購入トラブルが急増! ~契約内容をしっかり確認しましょう~

消費者トラブル情報<あいちクリオ通信2019年10月号>若者の定期購入トラブルが急増! ~契約内容をしっかり確認しましょう~

2019年10月31日(木曜日)発表

-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信> 

 愛知県及び市町村の消費生活相談窓口には、消費生活に関する様々な相談が寄せられています。

 この「-消費者トラブル情報- <あいちクリオ通信>」では、消費者被害の未然防止を図ることを目的にその時々の具体的な相談事例を紹介し、消費者トラブルに対する注意を喚起しています。

10月号の概要

 

若者の定期購入トラブルが急増! ~ 契約内容をしっかり確認しましょう ~

愛知県及び市町村の消費生活相談窓口には、インターネット通販で、「お試しのつもりで申し込んだら、実は定期購入だった」という相談が多数寄せられており、直近の半年間では、若者(30歳未満)からの相談が急増しています。(2018年4月~9月 63件、2019年4月~9月 307件)

 ※ 愛知県及び市町村がPIO-NET(全国消費生活情報ネットワークシステム)に登録した相談データ(2019年10月23日現在)に基づいて集計しています。

【特徴】 

○ 「お試し500円」など、通常価格よりも安い価格を強調して表示する一方で、「定期購入契約が必要」などの契約条件は、小さな文字で表示されたり、別の箇所で表示されるなど、契約内容を認識しづらい場合が多くみられます。

○ 最近は、ニキビケア用品やダイエットサプリなど、若者に関心の高い商品が、「初回10円」など破格の価格に設定されるケースも増えており、未成年者が契約内容を確認しないまま、注文してしまうケースも目立ちます。

【アドバイス】

○ 「初回お試し」や「1回だけ」といった価格が設定されている場合は、定期購入が条件となっている可能性があります。

○ 商品を注文する時は、契約内容や解約条件・返品特約等をしっかり確認しましょう。

○ 契約トラブルに遭ったり、不審や疑問に思った場合は、県又はお住いの市町村の消費生活相談窓口に早めに相談しましょう。


相談窓口


○ 消費者ホットライン ☎188(いやや!)

   身近な消費生活相談窓口につながります。

消費者トラブル情報-<あいちクリオ通信 2019年10月号>

あいちクリオ通信 2019年10月号 [PDFファイル/124KB]

問合せ

愛知県 県民文化局 県民生活部 県民生活課
消費生活相談・消費者教育グループ(消費生活相談窓口ではありません)
担当:近藤、辻本
電話:052-961-2111
内線:5031、5036
ダイヤルイン:052-954-6165
E-mail: kenminseikatsu@pref.aichi.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)